2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バスラマインターナショナル 155号 | トップページ | 『題名のない音楽会』でアニソン特集 »

2016年5月 7日 (土)

日経ビジネスに共同売店の記事

日経ビジネスに『潰れそうなあの店が潰れない理由』と言う記事が載っています。

現時点では会員登録すれば全文読めるはずなので、記事はこちらから。

良くバラエティ番組などで取り上げられる、この店どうやって成立してるんだろう?と思えるような店がいくつも取り上げられている中、沖縄のやんばるや離島に行くと集落ごとにある、共同売店・共同店についても取り上げられています。

こういう時に定番のように出てくるのが沖縄本島で那覇からバスで一番遠いバス停のある集落、国頭村の奥にある奥共同店について取り上げられています。

確か那覇からでもバスを2回(名護バスターミナルと辺土名バスターミナルで乗り継ぎ)乗り換えが必要で、バスだけだと那覇から何とか日帰りできるというところだったかと思います。

沖縄独特の共同売店の運営スタイルにもしっかり触れられていていい感じがします。
私自身、共同売店を見て実際に使ったのは沖縄の離島、波照間島でした。
集落ごとに小さなお店があって、どのお店にも共同店・共同売店とかいてあってなんだろう?と思った次第で…。

また、共同売店のあるあたりに行ってのんびりしたいなぁと思いつつも、どこにしようか悩んでしまうところであるけれど。

« バスラマインターナショナル 155号 | トップページ | 『題名のない音楽会』でアニソン特集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/63595972

この記事へのトラックバック一覧です: 日経ビジネスに共同売店の記事:

« バスラマインターナショナル 155号 | トップページ | 『題名のない音楽会』でアニソン特集 »