2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 台湾遠征時の語学のこと | トップページ | 漫画家島本和彦氏 『財界さっぽろ』誌に… »

2016年6月16日 (木)

鐵道情報 229号

台湾遠征時に、高雄の鉄道博物館で『鐵道情報』の最新号229号を買ってきた。

ま、日本でも買えるのだけど日本だと税抜2200円(諸々考えるとこの値段になるよね…)になるのだけど現地価格だと250台湾ドルとなるので…。

この雑誌、台北で編集してるのかと思ったら実は編集部は高雄の鉄道博物館にあってというのにあとで気づいたり…。

今回の表紙は、今年増備された太魯閣号の搬入シーン。

記事の中でも増備された太魯閣号、普悠瑪号の搬入までのシーン。
普悠瑪号については、日本車輛製造の豊川蕨工場まで取材に行き、東海道本線を甲種輸送されているシーンなんかもしっかりと取り上げられていたりしています。

今年の1月に台北に雪が降った時にその近郊で撮られたシーンとか、雪で白くなった山をバックに撮った台北捷運なんてのも出てきたり…。

雪となると、カメラ抱えてどこかに行ってしまうのは万国共通なのねと…。

このほかにもタイの日本の中古客車を使った夜行列車の記事など、色々と興味深い記事がいくつも出ていたりしています。

そして最後のほうには鉄道擬人化の四コマ漫画なんてのが出ていてちょっと驚いたり…。

このあたりの展開等も気になるところ。
次号はもうそろそろ出そうな感じなのだけど、ちょっと楽しみ。

« 台湾遠征時の語学のこと | トップページ | 漫画家島本和彦氏 『財界さっぽろ』誌に… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/63807129

この記事へのトラックバック一覧です: 鐵道情報 229号:

« 台湾遠征時の語学のこと | トップページ | 漫画家島本和彦氏 『財界さっぽろ』誌に… »