2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鉄道コレクション 銚子電鉄3000形 | トップページ | KLMオランダ航空 成田へのボーイング747がラストに »

2016年8月29日 (月)

桃園機場捷運 ようやく開通か?

前からいつできるんだろうと何度も何度もネタにしてきた台湾の桃園機場捷運。

中央社フォーカス台湾に新たな記事が出ました。

『<空港線>目標速度などより開業優先か 運転間隔拡大の恐れ』との記事です、
記事についてはこちらから。
当初5分間隔だったという計画は、ラッシュ時6分、通常時7分半間隔になり、速度について当初計画の速度を落として走るという方向だということで…。

現状、台湾の空の玄関口と言われる桃園国際空港は、日本で言うと台北中心部の距離は札幌と新千歳空港の関係に近く、そちらの事情を理解している人には札幌から新千歳空港へ行くのに、途中の恵庭からバスで行くみたいなところなんて説明をするとわかりやすいのかなと。

台北松山空港は、どちらかというと天神と福岡空港の関係に近いかなぁというところで。

この路線ができてくれることで、台湾の交通について大きく変わるだろうなあと思っています。

現状台北駅と桃園空港のバスを運行している國光客運は何らかの対策を立てざるを得ないだろうなあと思ったり…。

台北駅に行かず、市街地各地へ直行と言う手段に転換していくのかなぁと思ったり。

« 鉄道コレクション 銚子電鉄3000形 | トップページ | KLMオランダ航空 成田へのボーイング747がラストに »

コメント

 桃園空港アクセスは台湾高鐵3日間パスの3日目に帰国日をあてて、高鐵桃園まで新幹線で行き702系統のバスで向かうことが多いです。 桃園機場捷運の台北駅がおそらく台北駅と地下街でつながっているところのはずなのでそう遠くはないと思いますが、変なところに駅があると、利便性で「×」と評価されると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/64128872

この記事へのトラックバック一覧です: 桃園機場捷運 ようやく開通か?:

« 鉄道コレクション 銚子電鉄3000形 | トップページ | KLMオランダ航空 成田へのボーイング747がラストに »