2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 嘉手納基地にグローバルホーク | トップページ | 『夢の3Dプリンターはもう失速』という記事 »

2016年8月 3日 (水)

なんでこう不正乗車って罪が軽く見えるのだろう…

中日新聞の北陸版にちょっと気になる記事が載っていた。

富山の高専の部活の遠征の際に神戸市内から戻る際に、前もって大阪~金沢の切符を持っている状態で神戸市内の駅を入場券で入り、夜は無人になる富山県側の駅で代金を払わずに降りたというものだとか。

私がなんか引っかかるのは神戸市内側の駅を入場券で入ったというところ。
これは明らかに不正乗車をしようとしてるのではないか?と思えるところ。
途中の検札の時にでも時間がなかったので、初乗り切符で入ったので差額精算でも良かったはずなのに何もせずに行っちゃったらしい…。

それで事情説明したうえで運賃を払ったからいいだろうみたいな対応になっているけれど、結果としては新聞沙汰になってしまったような感じがします。

やってることはスーパーで万引きして捕まったとほとんど変わらないのにねぇ…。

« 嘉手納基地にグローバルホーク | トップページ | 『夢の3Dプリンターはもう失速』という記事 »

コメント

新聞沙汰になるということは、悪質だということなんですかね。

鉄道事業者側が規程の適用を大目に見ている面があるのて舐められてるんでしょうか。

ちなみに、規程の適用を厳密に行えば、『原券を無効として回収し、正規の運賃及び運賃額の2倍の増運賃を徴収する。』ということになりますから、入場券はもとより、大阪〜金沢間の乗車券も無効として回収された上で、実際の乗車区間の正規の運賃額の3倍を支払う必要があります。

長距離乗るときは不正乗車は怖いでっせ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/64009713

この記事へのトラックバック一覧です: なんでこう不正乗車って罪が軽く見えるのだろう…:

« 嘉手納基地にグローバルホーク | トップページ | 『夢の3Dプリンターはもう失速』という記事 »