2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年11月19日 | トップページ | 2016年11月21日 »

2016年11月20日 (日)

宇都宮市長選挙 LRT推進派の現職が4選

今日は宇都宮市長選挙の投票日。
今回の選挙の争点は、宇都宮市への次世代路面電車(LRT)の導入についてでした。
賛成をしている現職の市長と、その対抗馬として出た新人との一騎打ちとなっていました。
現職は自民・公明の推薦を受け、新人は、民進・社民・共産の推薦と言うある意味与党候補に対してオール野党で挑んだ形になったようです。

かなり競っていたようで、なかなか当選確実が出てこないという状態ではあったけれど、何とか現職が勝ったという形になったようです。
とりあえず情報源としては朝日新聞へリンク

賛成派と反対派市民の間でもいろいろとあったようで、賛成派団体が反対派団体に対して、公開質問状を送りつけるなんて言う事例もあったようだし(反対派は無視したようだけど)、まだまだいろいろとあるような気がします。

『誰もが安心して利用できる公共交通の整備』を公約に参議院選挙に出て落ちた人が反対派団体の代表になっていたりと、反対派も変にツッコミを入れると何が起きるやらと言う感じもしていたりしています。

個人的には公共事業の是非が選挙の争点になるのは、その公共事業以外にも行政の仕事は多くあるわけだし、あまり争点にしてほしくないなという気持ちがあるのだけど…。

恐らく今後、市はLRTの整備に進んでいくのは間違いないけれど、反対派団体がどういう動きに出てくるのかがちょっと見ておきたいところ。
もっときちんと理論的に動かないと、なかなか周りから理解してもらえないんじゃないかなぁと言う雰囲気はホームページ等から感じ取れるだけに。

« 2016年11月19日 | トップページ | 2016年11月21日 »