2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宇都宮市長選挙 LRT推進派の現職が4選 | トップページ | バニラエア 函館就航! »

2016年11月21日 (月)

ビール系酒税が一本化されるかも?

自民党の税制調査会の中で酒税の税率のうち、ビール系飲料(ビール・発泡酒・第3のビール)についての税率を改正して、発泡酒よりちょっと上の税率へ変えていこうという動きがあるようです。

情報源としては読売新聞へリンクしておく。

現状の酒税は、
・ビール…350ml缶1本につき77円
・発泡酒…350ml缶1本につき47円
・第3のビール…350ml缶1本につき28円
となっているのだけど、これを段階的に55円に揃えていこうとしているようだ。

クラフトビール愛好家の中では、本当にこうしたほうがいいのでは?なんて言う冗談を言う向きもあったけれど、それがまさかこういう形になって表に出てくるとはちょっと予想外と言うか。

本当はこういうのはビール業界が率先して政治に働きかける内容であるとは思うのだけど、どういうわけだかそういう形にはなっていないみたい。
大手ビールメーカーの中で、ビールで稼いでいる会社・発泡酒で稼いでる会社・第3のビールで稼いでる会社があってそこで足並みがそろわなかったとは言われているが、果たして本当にそうなのかなぁ。

今後の動きが気になるところです。

« 宇都宮市長選挙 LRT推進派の現職が4選 | トップページ | バニラエア 函館就航! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/64525831

この記事へのトラックバック一覧です: ビール系酒税が一本化されるかも?:

« 宇都宮市長選挙 LRT推進派の現職が4選 | トップページ | バニラエア 函館就航! »