2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 二回目の台湾遠征を予約 | トップページ | 台北に鉄道博物館整備へ »

2017年2月13日 (月)

国産初のハイブリッド連節バス 開発へ

いすゞ自動車と日野自動車の連名のプレスリリースによると、この2社は2019年をめどに国産のハイブリッド連節バスの市場投入を目指すとのことです。

プレスリリースについてはこちらから。

日本の法規に適合しつつ、環境に優しい車両をなるようです。

今までの日本の連節バスと言うと、足回りはボルボだが車体は富士重工という、つくばの科学万博だとか、京成バスの幕張の初代の車両は車体に関しては日本の基準に適合していたが、たしかそれ以外は車体に特例があったような。

メルセデス・ベンツ シターロGの場合、車体幅2.5メートルをちょっとだけ越えてるはずだし、非常口はドアではなく、ハンマーで窓を割るでいいことになってるしというあたりが色々とあるのかなと…。

走行可能な道路に許可がいるとか言う事情もあるとは言え、国産車が入ることで色々と変わる部分もあるのかなと推測してみたり…。

さて、再来年どうなっているか…。

« 二回目の台湾遠征を予約 | トップページ | 台北に鉄道博物館整備へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/64890240

この記事へのトラックバック一覧です: 国産初のハイブリッド連節バス 開発へ:

« 二回目の台湾遠征を予約 | トップページ | 台北に鉄道博物館整備へ »