2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 台湾の鉄道模型メーカーの新製品予告 | トップページ | [改訂版]往年の客車列車編成表(アルモデル版) »

2017年6月23日 (金)

岡山の宇野バスのバスロケのこと

地図と位置情報に関するカンファレンスで岡山の宇野バスが導入しているバスロケ、『バスどこ』が取り上げられたようです。

詳しい記事はこちらから。

バスの運行支援システム『その筋屋』が作ったバスロケシステムで、どうやら既存のバスロケシステムとはかなり毛並みの違うシステムになっているようです。
車載端末はタブレット端末を使い運行情報はWi-Fi経由で飛ばすという仕組みになっていて、GPSによる位置情報を自動的に発信しているのだとか。

宇野バスのバスロケのページはこちらから。
バスロケには大きくバージョンがあって…
・時刻表タイプ
・地図タイプ
・一覧タイプ
・マニアタイプ

とあり、時刻表タイプはバス停に表示されている物がそのまま出るというもの。
地図タイプは、地図上にバスがどう走っているかが出るというもの。
一覧タイプは、バスがどこを走ってるかを表にしてこれも見やすいもの。
やっぱり気になるのはマニアタイプというのがマニアの悲しい性というかなんというか…。

表示的には地図タイプとさほど変わらない気もするのだが、マニアタイプを使うと特定の車両を追いかけるということもできる(台湾だと公車通というアプリならできるはず…)なんていう結構便利な機能も搭載されていたりする。

どうしても宇野バスの全車両を撮りたいという気合の入ったマニアにはすごく便利な機能だったりするのかなぁと…。

これに続く事業者が出てくるかちょっと気になるところではあるが…。

« 台湾の鉄道模型メーカーの新製品予告 | トップページ | [改訂版]往年の客車列車編成表(アルモデル版) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山の宇野バスのバスロケのこと:

« 台湾の鉄道模型メーカーの新製品予告 | トップページ | [改訂版]往年の客車列車編成表(アルモデル版) »