2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ATR ATR42-600Sを発表 | トップページ | 『戦艦比叡の沈没位置を特定し、慰霊したい』というクラウドファンディング »

2017年7月 4日 (火)

JR東日本 次世代新幹線の実現に向けた試験車を新造

JR東日本のプレスリリースによると、次世代新幹線の実現に向けた試験車を新造し、来年度より試験走行を始めるようです。

プレスリリースの内容によると、2019年度に車両を新造するとか…。
パース図を見ると過去の試験車と同様に前後で形状を変えて比較するというのがありそうな感じ。

どうやら、今まで以上に脱線しにくくする仕組みの導入だとか、更なる乗り心地の向上、そして地上設備や車両の常時モニタリングによるメンテナンス性の確信たとか色々と大きな動きになる気配がします。

見た感じでは速度向上よりも、安定走行に強みを置いているという感じなのかなぁと思えたり…。

速度の向上となると、恐らくは札幌まで新幹線が伸びたときに、東京~札幌を4時間台前半ぐらいにするための研究は次の段階なのかなとも主たり…。

どんな車両が出てくるか今からちょっと気になるところ。

« ATR ATR42-600Sを発表 | トップページ | 『戦艦比叡の沈没位置を特定し、慰霊したい』というクラウドファンディング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/65494410

この記事へのトラックバック一覧です: JR東日本 次世代新幹線の実現に向けた試験車を新造:

« ATR ATR42-600Sを発表 | トップページ | 『戦艦比叡の沈没位置を特定し、慰霊したい』というクラウドファンディング »