2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« JR東日本 次世代新幹線の実現に向けた試験車を新造 | トップページ | 函館バスのラッピングバスが千葉を走る »

2017年7月 5日 (水)

『戦艦比叡の沈没位置を特定し、慰霊したい』というクラウドファンディング

知り合いからクラウドファンディングのお知らせというのが回ってきた。

それが『日本海軍が失った最初の戦艦「比叡」の沈没位置を探し慰霊したい』と言うもの。

どうやら弁護士さんが代表を務めるNPO法人が主体となって、ソロモン海に沈み場所が特定できていない戦艦比叡の場所を特定するのが今回の目的だとか。

ソロモン海というと太平洋戦争の激戦地の一つで、アイアンボトム・サウンド(鉄底海峡)なんて言われて、海底には沈没船の残骸があちこちに沈んでいて、海底を埋め尽くしているなんても言われるくらいのはず…。

サイトによれば、大体の場所は特定できているようで、そのあたりを中心に探すことになっているようです。

ソロモン海に沈む軍艦のうち、戦艦は霧島と比叡だけだけど、霧島の場所は特定されているから、主砲さえ見つかってくれれば、なんとかなりそうな気もするんだけどなぁ…。

正直言って、こういうことをやろうとするとなれば今が一番のチャンスであるのは間違いないわけで、これをきっかけに見つかってくれるといいなぁ…。

« JR東日本 次世代新幹線の実現に向けた試験車を新造 | トップページ | 函館バスのラッピングバスが千葉を走る »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198443/65498317

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦艦比叡の沈没位置を特定し、慰霊したい』というクラウドファンディング:

« JR東日本 次世代新幹線の実現に向けた試験車を新造 | トップページ | 函館バスのラッピングバスが千葉を走る »