2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2016年2月11日 (木)

総務省の18歳選挙権のキャンペーンに…

総務省の18歳選挙権のキャンペーンページの内容が話題になっている。

詳しくはこちらから。

広瀬すずさんがセーラー服姿で出てるポスターあたりは普通なんだけど、もう一つの目玉のほうがちょっと驚きでしかなくて…。

人気ライトノベル『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』とのコラボを組んで、小冊子を作るのだとか…。
確かに人気のあるライトノベルだとは思うけれど、こういう形でのコラボを組むとはちょっと予想外でしかありません。

設定上、年齢は18歳になってたんだっけ?とかいろいろと気になって仕方がありません。
ターゲットとなる年齢層でないと、恐らくこの小冊子は手に入れられないだろうし、何が書かれているのやら、そっちも気になるところ。

2013年7月22日 (月)

千葉都市モノレール『俺の妹。』号を撮りに行く

昨日、参議院選挙の投票を済ませたあとに、千葉都市モノレールの『俺の妹。』号の撮影に行ってきた。
昨日は、千葉みなと~千葉~県庁前間の運用に入っていたので、前から試してみたかった撮影ポイントへ。
Om1
千葉興業銀行千葉支店が入っているビルの窓ガラスにラッピングが反射していて、左右同時に撮れるポイントがあるという情報を得て、そこへ撮影に行ってみた。
まあまあいい感じに撮れたかなと…。

Om2
千葉みなと方面へ向かう列車を後追いで。
この後時間があるので、千葉駅まで歩いて移動して『俺の妹。』号に乗る。

Om3
作者の伏見つかさ先生のサイン。
ちゃんと保護のために透明のシールが貼られていました。

Om4
さっき外で撮っていたビルの窓に反射したラッピングを車内から。

Om5
車両の連絡通路の通行を規制する注意書き。

Om6
車内の広告で、千葉公園のもの。

Om7
車内の広告で加曾利貝塚のもの。

Om8
『とある科学の超電磁砲』とのコラボ広告。
確かに、妹・中学生・モノレールと共通点が多いような…。

Om9
千葉みなと側に付けられているヘッドマーク。

Om10
千城台・県庁前側に付けられているヘッドマーク。

Om11
千葉みなと側の運転台に付けられている編成番号の札。
運転台の横側のラッピングと色を合わせてあります。

Om12
千城台・県庁前側の運転台に付けられている編成番号の札。
こちらも運転台の横側のラッピングと色を合わせてあります。

たまたまこの日は短距離の折り返し運行だったからこそ、こんな感じで撮れたという感じで、いい感じに楽しめました。
運行は9月末までの予定なので、また機会があれば別の場所で撮ろうかなと…。

2013年6月20日 (木)

千葉都市モノレール、13年3月期19%増益

日本経済新聞に千葉都市モノレールの決算のニュースが出ていた。

<引用ここから>
千葉都市モノレール(千葉市)が19日まとめた2013年3月期単独決算は税引き利益が前の期比19%増の4億4600万円だった。節電ダイヤによる運行本数減など東日本大震災の影響を受けた前の期から回復した。新型車両の導入や人気アニメとのコラボで定期外の利用者も増えた。14年3月期の税引き利益は設備更新費などがかさみ、前期比50%減の2億2400万円と見込む。
 輸送人員数は前の期比4%増の1644万人だった。営業収入は同4%増の約31億円。主力の運輸収入は同4%増の30億800万円となった。定期外の乗客が増えて伸びをけん引した。14年3月期は景気回復への期待感を背景に30億3000万円の運輸収入を見込む。
 来年3月までは開業25周年記念事業として、月ごとに沿線ウオーキングなどのイベントや、千葉市を舞台としたアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」とのコラボ企画などを打ち出す。14年3月には千葉県総合スポーツセンター(千葉市)周辺を使った駅伝の開催も検討しており、乗降客の増加を見込む。
<引用ここまで>

ちょうどこの決算期には、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のコラボ切符の売り上げも反映されているはずで、それだけではないにしてもいろいろとプラスになっているようです。

定期外での輸送人員も伸びているということは、潜在需要の掘り出しにも成功しているとも取れるだけに、今後にもいろいろと期待ができそう。

アニメの舞台の学校が沿線ではなくとも、背景に出ているというところでコラボ効果が出るのがちょっと驚きではあるけれど、もし舞台として設定された学校が沿線にあったらどんな展開になっていたのかなと思うこともたまにあったりするわけで…。

今年は開業25周年ということで、色々とイベントを企画しているそうでこのあたりもうまく行ってほしいなと思っています。
そして都合がつけば、そういうイベントを見に行きたいと思っています。

2013年5月26日 (日)

舞台探訪とか自衛隊とか…。

今日は元々仕事が休みの日。
当初の予定ではまったりと自衛隊の船橋マリンフェスタへ行くつもりだったのだけど、休みが近くなって香川在住のフォロワーさんがわざわざ千葉まで探訪に来るというので、迎撃してきちゃいました。

その前に千葉駅で。
Om01
団体列車で珍しく国鉄色の特急車が止まっていました。
駅ビルの改築工事の最中なので、こんな感じにサイドがきれいに撮れたり…。

Om02
まずは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の7話のカットを。

Om03
こちらは、京介・桐乃兄妹がデートしているところの背景。
このあたりで地味子に見られてしまうあたり。

このあとちょっと様子を見に、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』に出てきたゲームセンターの前へ。
Om04
ココにも何人か探訪趣味の人がいてちょっと驚いたり。
ここで友人と合流して千葉公園へ。

Om05
放送直後に舞台に来てしまう。
8話で京介と黒猫がデートして歩いているあたり。
千葉駅からだと、新しいJR千葉支社のほうに向かって歩き、千葉公園へ向かうところの途中。
そして千葉公園へ。
Om06
黒猫と京介の通学シーン。

Om07
オープニング等でアーバンフライヤー同士がすれ違うあたり。

Om08
1期・2期問わずいろいろと出てくる藤棚とベンチ。

Om09
そして通学シーンに出てくるところ。
高坂家はいったいどこにある設定なのやら…。

Om10
護国神社の前あたりで見かけたバス。
かなりレアなZIPANG DAIMLERの中古車。
超ハイグレード車としても知られるクルマだけど1991年にしか作られなかったはずだから、そこそこの年代モノなのだけど、非常にきれいに使われていて嬉しい限り。
ナンバーが希望ナンバーで8888であることを考えると、普段は訪日観光客向けの仕事をしているのかなと推測してみたりします。

この後は、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のラッピングモノレールに千葉みなとまで乗って、それから京葉線で海浜幕張へ。

Om11
こちらは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の8話に出てきた花火大会へ行くシーン。
後ろのビルは『fate/zero』の聖杯戦争で、敵を消すためにビルごと爆破されてしまった建物のモデルだったり…。

Om12
こちらも『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の8話に新たに出てきた場所。
ただ、作中では歩行者天国になってるところでのシーンなので、実際に撮ろうとすると花火大会に行かなきゃいけなくなるという可能性も…。

Om13
こちらも『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の8話に出てきたシーンで、ここも歩行者天国を歩くシーンで出てきた場所。

Om14
次いでこちらは『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』で主人公たちが千葉に行くと言って集合した場所。
行先は千葉駅ではなく、高原千葉村だったけれど…。

友人と別れ、船橋マリンフェスタの会場へ。
Om15
今年も航空自衛隊のPAC-IIIが展示されていました。
今年は砲身を回していました。

Om16
数年前と同様に見学者をキャブにまで上げていたのだけれど、今年はちゃんと脚立が用意されていたり…。
前の一度乗せてもらったことがありますが、中はいたって普通のふそうのトラックでした。

Om17
高射教導隊の82式指揮通信車。
高射学校の公開でも見たことがなかったので、これが来たこと自体が意外だったり…。

Om18
空挺団の軽装甲機動車。

Om19
車内の注意書き。
自衛隊の場合、責任者が助手席に乗ることが良く読み取れたり…。
ということは、万が一事故を起こしたら連帯責任ということだよなぁ。

Om20
私が行ったときにはアトラクション演奏は終わっていたけれど、演奏曲の一覧。
今年もプリキュアやったんだ…。

Om21
体験航海の護衛艦が戻ってきたところ。
一応これに申し込んだのだけど見事に外れてしまって…。
どの程度の倍率だったのだろうか。
この後一日艦長のウェザーニューズのキャスターの方と、声優の清水愛さんが下船してくるまで軽く出待ちをして、写真を撮ってきました。
ちょっと上げてしまうのはまずいような気がするので、画像なしで…。
清水愛さんを見て、昔出ていたアニメ『らいむいろ戦奇譚』が軽く頭をよぎってしまったり…。
あの作品だと軍艦だけど…。

Om22
最後に自衛隊の千葉地方協力本部のイメージキャラクター、千葉三兄弟が並んだところ。
左から、海上自衛隊:千葉未来、陸上自衛隊:千葉衛、航空自衛隊:千葉翔。
千葉の自衛隊のイベントというと必ずと言っていいほど出てくるキャラクターで、パンフレットなんかだとスケジュールに『神出鬼没』なんて書いてあったり…。
三兄弟が並んでるところは今日初めて押さえることができました。

イベント自体もなかなか楽しめたので、また来年も行けたら行きたいなと…。

2013年5月15日 (水)

千葉都市モノレール『俺の妹。』号

先日の木更津航空祭の帰り、千葉都市モノレールのホームページに公開されている『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のラッピングモノレールの運行予定を確認したら、何とか間に合う時間に沿線に行けることが分かり、せっかくなので撮りに行き、そして乗ってきた。

Om1
千葉みなと駅に入る『俺の妹。』号(黒猫サイド)。
撮影ポイントは、JR千葉みなと駅の下りホーム。
京葉線の下り列車と被らなければこんな感じに撮れます。
千葉都市モノレールの撮影ポイントとしては比較的定番ともいえる場所。

この後、千葉駅までこのラッピングモノレールに乗ってみる。
自分自身、高校時代に通学で使っていた交通機関であるので、ここまで変わるのかと言うのが正直言って驚きだったり…。
自分が卒業した学校が舞台になってくれれば、もっと作品とコラボできたのになという気持ちもあったり(笑)。

Om2
ドアの注意書きステッカー。
こちらは通常のバージョン。

Om3
こちらは千葉都市モノレールの作業服を着たバージョン。

Om4

Om5
車内の広告もコラボ広告になっています。
ここまで凄いことになっているは予想外でした。
広告は記録に撮っておきたいけれど、お客さんの少ない日中帯にもう一度撮ってみようかと…。

黒猫サイドがきちんと撮れたので、今度はきりりんサイドを撮りたいと思っていろいろと場所を考えていると、ふと1ヶ所思いついたのでそこへ行ってみる。

Om7
この場所、そごう千葉店などがあるセンシティタワーの敷地の外側にあたる場所で、そごうの駐車場から車が出てくるあたりの歩道になります。
取りあえずは試しに千葉駅に入ろうとするアーバンフライヤーを撮ってみるが、いい感じに支柱間に入ってくれたり…。

Om8
そしてそのあと千葉みなと方面へ行くモノレールを撮ってみる。
千葉市長選挙の告知ラッピングがされているモノ。
投票券が来ている人は必ず投票に行きましょう。
白票を入れることの是非はあるけれど、個人的にはきちんと投票に行っているという事実を数字に出すために白票を入れるのはアリだと思っていますが…。

Om9
そして最後、俺の妹。号のきりりんサイド。
なかなかいい感じに撮れました。
モノレールを千葉駅周辺で撮るとなると、そごう千葉店の4階のテラス部分が定番のようにも思えますが、ちょっと先に進んだところでこういう感じに撮れるのも覚えておくと損はないかも。

そして千葉都市モノレールから驚きの告知
6月8日から、『俺の妹。』号の車両に限って専用のアナウンスを入れるそうです。
そして、ラッピング列車の運行期間を9月30日まで延長するそうです。

これを機会に千葉を訪れてくれる人が増えることを期待しています。

2013年4月27日 (土)

千葉都市モノレール『俺の妹。号』を撮りに行く

先月から千葉都市モノレールで走っている『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』のラッピング列車、通称『俺の妹。号』。

ちょっと今日は時間が取れたので、サラッとではあるけれど撮りに行ってきた。
千葉駅周辺でたまたま用事があったのでそのついでなので、あまりいい具合に撮れてはいないけれど、1枚も撮ってないという最悪の事態だけは避けたかったので…。

まずは黒猫サイドを狙ってみる。
千葉都市モノレールの線形を考えると、こちら側のサイドは順光の場所がかなり多かったりします。
Om1
オープニングの定番シーンである、千葉駅から千葉みなとへ向かって出ていくところで構えてみたけれど、もうちょっと速めにシャッターを切っていればいい感じだったかもしれません。
敢えて側面のラッピングが狙いなので、これはこれでアリかもしれないけれど。

反対側のきりりんサイドを撮るのに前からマークしていた千葉トヨタの本社前へ。
Om2
まずはアーバンフライヤーで練習。
意外といい感じに収まることを確認して本番へ。

Om3
こちらは結構いい感じで決まった感じがします。

上手い具合に日程があったら、千葉みなと~県庁前を往復する日に何度かリベンジしてみたいところです。

2013年4月22日 (月)

千葉都市モノレールのフリー切符に新デザイン

千葉都市モノレールの『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のコラボページに1日乗車券の新デザインについてのお知らせが出ていた。

4月27日から平日昼間限定の『お昼のお出かけフリーきっぷ』と、土休日限定の『ホリデーフリーきっぷ』で係員のいる窓口(千葉みなと・千葉・都賀・千城台の各駅)でそれぞれ10000枚限定という形で発売されるそうです。

ラッピング列車もかなり派手なラッピングになっているし、色々と熱心に動いているけれど、まさかこんな形でフリーきっぷのデザインに反映してくるとは予想外でした。

ゴールデンウイーク期間中は連日『ホリデーフリーきっぷ』の扱いとなるので、『お昼のお出かけフリーきっぷ』は5月7日からの発売になるようなので、そのあたりに注意が必要かも…。

せっかくなので、両方とも買ってみようかとは思っているけれど…。

2013年4月12日 (金)

千葉が舞台の深夜アニメ 2本始まる

今季もまた深夜アニメの新作が大量に出てくる時期となりました。

今回個人的に注目しているのは、千葉が舞台の2作品。
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』と『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の2期。
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』は、前期の作品自体が結構よかったのだけど、それから期間が経っていろいろなところが進化していたり…。
千葉都市モノレールの走行シーンや車内のシーンが全て『アーバンフライヤー』に変わっていたのにはちょっと驚いてしまったり…。
3月30日よりラッピングモノレールも走っているけれど、サブのデジカメでさりげなく黒猫サイドしか撮っていなかったり…。
こればっかりは近いうちにきっちりと一眼レフで撮っておきたいところ。
アニメの舞台は、新しいところもあれば既存の場所もありという感じで、こちらもきっちりとまとめてブログに上げていきたいところ。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』もいろいろと気になっているけれど、舞台は『あっちこっち』にも出てきた市立稲毛高校が舞台のようで、映像を見る限りでは学校の中と学校周辺と稲毛海浜公園ぐらいしか出ていない雰囲気。
1話を見たときには、舞台探訪的に「さっさと下校しろ」と言いたくなったのは自分だけかもしれない(笑)。
それは一応2話までは続いているのは確認したのだけど、今後どんな動きになってくるか…。
学校の構内への取材はほぼ無理なので、学校周辺だけ平日の昼間にサラッと撮って終わりにしちゃおうかなぁ…。

今後の展開にどうなるか気になるところです。

2013年3月13日 (水)

千葉都市モノレール『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』ラッピング列車デビューへ

雑誌『とれいん』の公式サイトのイベント情報に千葉都市モノレールの25周年記念の行事についての告知が出ていました。
情報源はこちらになります。
<引用ここから>
千葉モノレールは,昭和68年3月28日にスポーツセンター~千城台間を開業し今年で25周年を迎えます.
 開業から四半世紀となる記念すべき年のため,キャッチフレーズ「ありがとうをつないで 次の未来へ」を制定し今後1年間で各種記念事業を行う予定です.最初の月となる3月は,28日に「開業25周年記念イベント」を開催,29日には全18編成に約1年間ヘッドマークを掲出,30日にはアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」スペシャルコラボラッピング車輌が登場します.
 また,28日には開業25周年記念乗車券・入場券を発売します.
<引用ここまで>

昭和68年というのは誤植であるのは間違いなく(昭和64年は1月7日まで)、昭和63年ですね。
最初の開業からもう25年経つのですねぇ…。
開業当初はスポーツセンターと動物公園の間は単線運転だったのをよく覚えていますし、千葉開業前は現在みたいなパターンダイヤではなく、ランダムなダイヤだったのも覚えています。
最初のうちは普通のプレスリリースかなと思っていたのですが、今月の30日から『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』スペシャルコラボラッピング車両がデビューという予想の斜めずーーーーーーーーーっと上を行く展開が出てきて驚くばかり。
アニメのコラボも2回やっているから、アニメの2期が始まるところで何か仕掛けてくるというのは容易に想像はできたけれど、こういう展開だったとは…。
運行開始日には行けそうにないので、4月になってからどこかに撮影に行こうかと…。
良さげな場所は既に数か所目星を付けてはいるけれど…。

2013年2月27日 (水)

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』第2期放送日程決まる

4月より放送される、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』の第2期。
放送開始1ヶ月前にして放送日程が公式サイトより発表されました。
放送日程は以下の通り。
TOKYO MX        4月6日より  毎週土曜 24:00~ 予定
チバテレビ      4月6日より  毎週土曜 24:30~ 予定
tvk             4月6日より  毎週土曜 24:00~ 予定
テレ玉          4月6日より  毎週土曜 24:30~ 予定
とちぎテレビ    4月6日より  毎週土曜 24:00~ 予定
群馬テレビ      4月6日より  毎週土曜 24:00~ 予定
朝日放送        4月10日より 毎週水曜 26:13~ 予定
テレビ愛知      4月6日より  毎週土曜 25:50~ 予定
テレビ北海道    4月10日より 毎週水曜 26:05~ 予定
TVQ九州放送     4月9日より  毎週火曜 26:35~ 予定
BS11            4月13日より 毎週土曜 24:00~ 予定

1期のときはTOKYO MXが最速で、そのあと数日置いてチバテレビだったのですが、今回は関東一円での放送は殆どが土曜の深夜に固まるという形になりました。
恐らく前作に続いて千葉市が舞台になるだろうけれど、どんな感じに千葉市内の施設が出てくるのかが非常に気になるところ。

上手い具合に休みになれば、4月7日に千葉公園の様子でも見に行けば同じ趣味の人に何人も会えそうな気もしていたり…。

4月放送のアニメでは、TBS系の『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』も舞台が千葉市内であるという話も出ているので、こちらもどんな展開で出てくるか気になるところ。
原作では『あっちこっち』に出てきた市立稲毛高校が出てきたという話もあるし、幕張本郷在住という設定があるとの話もあるしいろいろと気になるところだったり。

最速で舞台探訪をするわけではなく、マイペースで舞台探訪を楽しんでいきたいなとは思っていたりするけれど、果たしてどうなるか…。