2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年2月17日 (金)

4月からのNHKの番組のキャスターが発表される

NHKから来年度の主な番組のキャスターが発表されました。

詳細はこちらから。

ちょっと驚いたのが13:05~16:00で大きな枠で情報番組ができるというのところです。
今だと、『スタジオパークからこんにちは』とか再放送枠になってるところだったような…。

よく国会中継の影響で放送が飛んでるような…。
国会中継の必要はあるけれど、せっかく地デジのサブチャンネルがあるんだから、このあたりも有効に使って何かできないのかなと素人目には思ったり。

夜のニュースの動きがちょっと興味深く、ニュースチェック11のコンビが、そのままニュースウオッチ9に移り、ニュースウオッチ9のコンビがニュース7に移るという異動がなされるようで、色々と興味深いところ。

マニアックな目線で見てる人たちの間では、あのアナウンサーの名前がない(≒渋谷の放送センターから離れてどこかに異動する)、あのアナウンサーの名前がある(≒渋谷の放送センターに戻ってくる)というところも話題になっていたり。

NHKだとアナウンサーは全国異動だから、どうしてもこうなっちゃうんだろうなぁと思えるけれど、地方局のニュースを見てあっ!となるとマニアの証なんて言うしなぁ

2017年2月15日 (水)

最近の技術の授業で作るラジオが凄いらしい…

今日、Twitterのタイムラインに出てきた技術の授業で作ったとされるラジオがちょっと気になってしまったのであえて取り上げてみます。

ツイナビにまとめられていたもので、詳しくはこちら

調べてみると、山崎教育システムというメーカーのエコキューブ3という製品らしい。

どうやら電源は、手回しのダイナモ・太陽電池・外部電源・リチウムイオン電池・乾電池と電源を選ばない仕様になっているのがなかなかすごいところ。
いわゆる防災ラジオという扱いになるのかなと思えたりします。

液晶画面がついているようだが、どうやらこれは時計だけでラジオの周波数合わせについてはその下のダイヤルをまわすというから普通のバリコンを使ったものなのかな?なんて思えたりします。

学校教材だけじゃなくて、秋葉原で売ればそれなりに売れそうな気もするけれど…。

この会社のホームページを見ると、デジタルエコキューブという商品もあって、こちらは選局がデジタルになっていて、そして緊急警報放送対応というのがなかなか興味深いもの。

どうやらこっちのデジタルエコキューブはAM/FMラジオ用の1チップICになってるのかなぁとなんとなく推測できたり。

もしかしたらDSPラジオなのかなと思えたりもするけれど、なんか色々と気になるところが…。
でも教育用となると、果たして一般人が手に入れることはできるのかなと。

2017年1月30日 (月)

また中華ラジオを…

また中華ラジオを買い足した。

だいたい、私が選ぶのはデジタルチューニングのものだったりするのだが、デジタルチューニングで税抜き2500円というお手頃価格だったので興味本位で…。

今回買ったのはAudiomaxというブランドのSRW-710Sという機種。
AM・FM・SW(短波)でデジタルチューニングでこの値段となると安いなぁと思ったら、そう思える理由が幾つか。

電池に関しては、専用の充電池でUSB充電という、たまに中華ラジオだとあるパターン。
そして、その後に気になったのがFMの周波数帯。
日本の周波数帯ではなく、中国の周波数帯であるので、日本で聞けるのはほぼワイドFMだけという感じになっています。

FMを聞くなら他のラジオもあるし、普段AMを聴く私からすると、これはこれでありかなぁと思えたり。

またなんかお手頃なラジオがあったら手を出してみようかなぁ…。
このメーカーにしても、中華ラジオとして評価の高いTECSUNにしても中国の深センの会社なので、香港に行ったときにでもついでに現地でラジオを買うというのもありかも…。

2016年12月 2日 (金)

文化放送 吉田照美の後釜に斉藤一美アナ

先週あたりから、文化放送の『吉田照美 飛べ!サルバドール』が終了するという情報が流れてきています。

ラジオを聞く身としては、番組が終わるということはその次のパーソナリティが誰になるかというのがちょっと気になるところであるのはお約束だなと思うと心です。

そんななか、文化放送から新番組の告知が出ました。
文化放送の公式サイトから見つけられなかったので報知新聞のサイトを情報源としておこう。

吉田照美さんが出ていた枠には、スポーツ中継などを担当している斉藤一美アナが起用されるとのこと。
斉藤一美アナと言うと、スポーツ中継と言うよりも、昔の『斉藤一美のとんかつワイド』と言う夜ワイド番組のイメージが強く、ついに斉藤一美アナにも日中帯のワイド番組の話が来たのかなぁとちょっと思って見たり。

大沢悠里さんの枠に伊集院光さんが起用されたのも、夜ワイド番組を聞いていた世代(とはいえあの当時はTBSではなくニッポン放送だけど)が日中のワイド番組を普段から聞いてくれる層になってきたからという理由になっていると聞いたことが…。

もしかすると、どこかの枠に文化放送も斉藤一美アナを起用してくるのかなぁと思ったけれど、本当に出てくるとは…。

久しぶりにこんな曲を聞いて懐かしく思ったり…。

2016年7月11日 (月)

永六輔さん 死去…

ニュース等で報道されている通り、ラジオパーソナリティとして知られた永六輔さんが亡くなった。
亡くなったのは先週の木曜日だそうで、83歳だったそうです。
心からお悔やみを申し上げます。

情報源としてはTBSのニュースへリンクをしておきます。

ご本人も生前によく話していましたが、いわゆるハガキ職人だったようで、それをきっかけに放送の世界に入って行ったようです。

作詞家としても知られていたし、自身も長寿番組『永六輔の誰かとどこかで』『永六輔の土曜ワイドラジオTOKYO』などを続けておられました。

今年、大橋巨泉さんと一緒に『徹子の部屋』に出たときの姿がかなり弱っているような感じでちょっと心配はしていたのですが…。

またなんかラジオの一時代を築いた人が去ったような気がしてちょっとさびしいなぁと思いつつも、ここまで続けられるパーソナリティが出てくることに期待したいなぁと思っていたり。

2016年5月19日 (木)

水谷優子さん 死去…

今日は衝撃的なニュースが入ってきました。

アニメ声優やラジオなどで活躍していた水谷優子さんが亡くなったそうです。
オリコンの記事によれば、乳がんでまだ51歳だったとか…。
twitterのタイムラインに情報が回ってきたときは衝撃的でしかなくて、驚くしかなかったです。
アニメでも、確か今のレギュラーはちびまる子ちゃんなどだったはずで、私はそっち方面をチェックしていなかったので、最近あまり見ないなと言う目になっていたり...。
水谷優子さんと言うと、あかほりさとるさんとラジオをやっていたポリケロの時代が思い浮かび、その時の思い出のほうが強くて…。
心よりお悔やみ申し上げます。

2016年5月 3日 (火)

朝日新聞に『アタックヤング』の記事

朝日新聞に、北海道のSTVラジオの深夜番組『アタックヤング』についての記事が載っていました。

記事はこちらから。

何より驚いたのは、今年の3月をもってアタックヤングの放送が終了したそうで…。
番組自体はパーソナリティを変えて45年半も続いたのだとか。

記事はこの番組を長く担当した明石英一郎アナウンサーのインタビューをまとめたような感じになっています。

確か今ではアナウンス部の担当局長というポジションにおられる方で、遠距離受信で聞いていても確かに好き放題やってるイメージのあるアナウンサーでした。

なんといっても明石アナと言うと下ネタ全開のイメージしかなく、『アタックヤング』の他に『うまいっしょクラブ』なんて言う番組もあったやに記憶しています。

下ネタ全開なトークもしっかりできて、かつきちんとニュース原稿も読めるというアナウンサーという印象があり、初めて顔を見たのは確か豊浜トンネル事故の時に現地からレポートを読み上げていて、名前の字幕スーパーを見て驚いた覚えが…。

今年の春は他局でも長寿番組が終わったりもしていたので、色々とラジオの歴史に残る年であったのだろうとは思うけれど、まさかこの番組も終わっていたとはちょっと驚きと言えばそれまでだけど…。

2016年4月27日 (水)

雑誌『ラジオライフ』にTBSラジオ改編の記事

現在発売中の雑誌『ラジオライフ』にTBSラジオの改編についての紹介記事が出ていました。

TBSラジオの大きな改編はなんだかんだで30年ぶりと言うことで、経験者はすでに会社にほとんどいないという状態だったとか。

ゆうゆうワイドの最終回は新聞などでも取り上げられたし、思った以上に話題になっているようです。

そんな中に、今回の改編のメインターゲットは40代になっているとか書かれていました。
今の40代が高校生の頃に夜の番組をやっていた伊集院光さんを起用することで、高校生のころからラジオを聞く習慣のある人たちにターゲットを持ってきたと書かれていました。

確かに他のラジオパーソナリティでも、若いころは夜の番組をやっていた人なんて言うのはいくらでもいるし、ああやっぱりそうなのねと思えちゃうところもいくつか。

確かに高校生までにラジオを聞く習慣がつけば、それ以降もラジオを聞くようになるよなぁと…。

2016年4月12日 (火)

秋山ちえ子さん 死去…

朝日新聞などの報道によると、TBSのゆうゆうワイドの中で長らく番組を持っておられた、秋山ちえ子さんが亡くなったそうです。

お亡くなりになったのは6日で99歳だったそうです。
心よりご冥福を申し上げます。

TBSラジオの中でも屈指の長寿番組『秋山ちえ子の談話室』は12512回まで続いていて、番組が終わった後も、8月15日になると、『大沢悠里のゆうゆうワイド』にゲストとして出てきて、『かわいそうなぞう』の朗読をするのが毎年恒例でした。

広い視野を持っていて、色々な話題を拾っていた印象があります。

長らくレギュラーコーナーを持っていたゆうゆうワイドの最終回のちょっと前というのが驚きでしかなくて、なんかラジオの中で時代の転換点みたいになってしまったような気がしてなりません。

TBSラジオの中で1万回を越えて、まだ回数の更新中なのが『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』だけになってしまったけれど、まむちゃんには長生きして元気に番組を続けて欲しいなぁと思いつつも、番組で1万回を超えた、小沢昭一さん、永六輔さん、秋山ちえ子さん、毒蝮三太夫さんに続くような人が出てきてくれることを個人的には期待したいなと思っています。

2016年3月24日 (木)

bayfm SAZAE RADIOを発売へ

bayfmのホームページにサザエの殻にラジオを組み込んだものを発売するという記事が出ていました。

詳しくはこちらを。

天然のサザエの殻に蓋をするような形でFMラジオを組み込んだもので、ラジオ局の技術者が手作りで組み立てるものだそうです。

アンテナもついていて、FM専用の受信機となっているようで、bayfm以外の局も聞ける(中継局によって周波数が違ったりもするので当然か…)ラジオになっているようです。

恐らくサザエの蓋の裏に1チップ型のFMラジオのキットを組み立てたものが入っているのかなぁと思ったりもしています。

サザエに耳をあててラジオを聞いたりできるようで、ちょっと気になるところ。
値段は3980円で100個限定とは言うけれど、ある意味採算度外視な値段なのかなぁと思ったりもしています。

発売になったら申し込んでみようかと検討中だったりします。

より以前の記事一覧