2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2012年3月 9日 (金)

クローズアップ現代の聖地巡礼特集

一昨日、期待していた『クローズアップ現代』の聖地巡礼特集が放送された。

確かにそこそこ面白い特集だったけれど、いくつか引っかかる点もあったりするわけで…。
その中で人によっては「リアルな背景を使うことで手抜きができる」と取れてしまうような発言があったのがちょっと気になるところ。

個人的には、リアルな風景が出てくることで、「とりあえず見てみよう」から、「これはじっくり見なきゃダメだ」に変わるのではないかと思っていたりします。

放送前からいろいろな場所で取材をしていたという情報が出ていて、本当にクローズアップ現代の枠に収まるのかという不安までネット上に出ていたりもしたけれど、比較的きれいにまとまっていたという感じ。

聖地巡礼と映画のロケ地めぐりはほとんど変わらないという前提で番組を作ってくれれば、もっといい番組になったんだと思うけどなぁ…。

一部には『輪廻のラグランジェ』の舞台の鴨川市の取り上げ方がひどいなんて言う話もあったりするけれど…。

クローズアップ現代は基本的には、NHKオンデマンドで配信になる番組ではあるのだけど、一部のアニメ作品の権利上の理由で放送できないなんて言う事態になっているようです。
見ている限りでは、どの作品がNGだったのかがいまいちよく分からないところだけど…。

2011年12月 9日 (金)

花咲くいろは 花咲く設定資料集

今年上期に放送された深夜アニメ『花咲くいろは』。

この間、設定資料集が出ているのに気付き、買ってきた。
キャラクター編と、美術ボード・美術設定編の2冊構成になっているのだけど、美術ボード・美術設定編のほうが分厚くなっている。

美術ボード・美術設定編のほうは、じっくりと見とれてしまう内容で、これだけ背景にこだわって作画されているのかと驚いてしまう部分がいくつもあったりする。
現地のリサーチにも相当気合いを入れて作っているというのが、資料集を見るとよく分かるようになっている。

舞台の旅館の見取り図なんていうのもちゃんと用意されている。
これを見ると、客室が8部屋(八畳間6部屋・十畳間2部屋)しかなく、実際に存在する旅館だと、収容人数からしたら50人行くかどうかくらいのかなり小規模な旅館というところか。

そうなると、仲居さんが3人(そのうち2人が高校生)、板場も3人(そのうち1人が見習い)でも満室にならなければ、何とか回せそうな気がしてしまうのは気のせいか。
いざとなったら、接客は女将自らやればいいわけだし…。

見ているとまた金沢に行きたくなる…。

2011年10月 2日 (日)

『ぼんぼり祭り』 かなりすごいことになりそうな予感が…

先日最終回を迎えた深夜アニメ『花咲くいろは』。

個人的にはここ数年来での傑作のひとつであるのは間違いないところ。

アニメの中のお祭り『ぼんぼり祭り』を実際に湯乃鷺温泉のモデルとなった金沢市の湯涌温泉で開催されるのは前から告知されていたけれど…。

公式サイトを見てちょっと驚くことが。
湯涌温泉自体、小さな温泉街(温泉街全体で400人も泊まれない)であることもあり、これだけ盛り上がった深夜アニメとなるといったいどうなるか気になるとこでもあり、現地に宿泊しない人はバスで30分ぐらい行った金沢大学の中にある臨時駐車場に止めて会場入りすることになっているようです。
この大学のキャンパス自体が、『Angel Beats!』の舞台であることは知られているところだったりします。
金沢大学の敷地内は駐車場として提供されるだけなのか、聖地巡礼ネタに走るのかもちょっと気になるところ。

公式サイトにもっと驚くことが。
今回のイベントに合わせて、金沢駅~湯涌温泉の路線バスと、金沢大学~湯涌温泉の臨時バスの終点の湯涌温泉のバス停を、お祭りに合わせて『湯乃鷺温泉』にするそうです。

北陸鉄道グループの全面協力があったのかなとも推測できたり…。
今回のイベントに合わせてオリジナルの記念乗車券も出るというし、かなり気合の入ったイベントになりそう。
バス停の名称を変えるというのが、どの程度になるのかが気になるところ。
バス停の名称を書いたポールだけを交換するなら大して手間はかからないけれど…。

確か、湯涌温泉に行くほくてつバスの車両は行き先表示がLEDだったからひょっとすると行き先表示に『湯乃鷺温泉』もありなのかなと思えたり。
音声合成装置に手を入れるとなるといろいろと大変だと聞くし…。

私は仕事で行けないのだけど、いろいろとネタはあちこちに載るだろうから、それを楽しみにして待っているつもり。

2011年9月13日 (火)

『花咲くいろは』電話 その6

『花咲くいろは』の放送開始時にひっそりと告知もなく始まっていたテレホンサービス。
ついに第6弾になってしまいまいました。

今回ついに放送内容と連動した閉館のお知らせになってしまいました。
結局今月分は緒花ちゃんとなっています。
順番としては、4月から順に、緒花ちゃん→菜子ちゃん→巴さん→民子ちゃん→結名さん→緒花ちゃんという順番になりました。
何らかのときに女将さんとか若旦那が出てくるとは思っていたのだけど…。

こっそりとこういうことをやると最初から決めていたからこそ、最終的には閉館なんて言うストーリーを最初から構築できたのかと今になって思ってしまったり…。

最終回まであと数回、どんな展開になるのやら…。

2011年9月 1日 (木)

『ゴーゴーカレー』と『花咲くいろは』のコラボレーションがまた始まった

今日から、金沢カレーのゴーゴーカレーと深夜アニメ『花咲くいろは』のコレボレーションがまた始まった。
コラボレーションの内容は、ゴーゴーカレーの中でも全店舗という形ではなく、特定の店舗でカツカレーをオーダーすると、ゴーゴーカレーと『花咲くいろは』のコラボレーションクリアファイルがもらえるというもの。

1回目のコラボレーションではかなり早くクリアファイルの在庫が尽きてしまったらしく、今回の第二弾となったようだ。
デザインについては、公式サイトなどを見ていただくとして…。

実際にお店に行くと、店内のモニターでも『花咲くいろは』とのコラボレーションの映像が流れています。
私が新宿総本店で見た限りでは、緒花と民子の掛け合いがあって、その中でお約束の『ホビロン!』と民子が叫ぶシーンなんて言うのがありました。
そのあとに、『花咲くいろは』の現在のノンテロップオープニングが流れていました。

アニメとリアルの融合としてはかなり進んだ形かなとも思えます。
ひょっとすると続編がまだあるのかもしれないけれど…。

2011年8月 1日 (月)

『花咲くいろは』電話 その5

ここの所毎月恒例になってきている、『花咲くいろは』に関してひっそりとおこなわれているテレホンサービス。
公式サイトにも書かれていないし、ほとんどニコニコ動画等での口コミだけでしか広まっていないもの。

今月は、たまたま回覧板を届けに来た、ふくや旅館の一人娘、結名さんが出てきます。
なんかさりげなく営業妨害っぽいことを言っていたりもするけれど…。

てっきり、女将か若旦那が出てくるかと思ったのに…。
ちょっと予想外の展開で驚いてしまいます。
恐らく、アフレコのついででチョコチョコと作っているんだろうけれど、来月はどうなるかがちょっと楽しみだったりします。

2011年7月24日 (日)

のと鉄道 『花咲くいろは』声優陣による案内放送

『花咲くいろは』公式ブログや、のと鉄道ホームページにも載っているように、のと鉄道で『花咲くいろは』とのタイアップ放送が始まった。
15日に乗りに行ったときは何にも告知がなかったのだけど、こういう案内放送を鉄道会社が用意するというのにはちょっと驚いたり…。
この手の音声合成装置のデータを作るのには結構いい値段がすると聞いたのだけど…。

さっそくその時の様子がニコニコ動画に上がっていたので、それをさっそくリンクしてみる。

鉄道会社のアナウンスでここまでやるか?と言いたくなるくらいかなりすごい内容になっていて、事情を知らない一般の人が聞いたら絶対驚くような内容になっていたり…。

いきなり『ホビロン!』とか言ったら間違いなく驚かれそうだけど…。
これを聞きたいがために、列車で西岸駅に聖地巡礼に行く人が増えてくれることも期待しています。
次にどんなことをするのかが気になってきたりもするわけで。
のと鉄道の動きから目が離せなくなったかも。

2011年7月22日 (金)

nano.RIPE 『面影ワープ』のプロモーション映像

深夜アニメ『花咲くいろは』の第2期オープニングテーマ『面影ワープ』のプロモーション映像があちこちで流れ始めている。

映像を見ているといろいろと見覚えのある場所が出ている。
出てくる場所は、のと鉄道西岸駅とか、湯涌温泉などの『花咲くいろは』の聖地巡礼スポットだったりする。
よく見てみると、桜がきれいに咲いていたり、ホームの駅名板が『西岸』のままになっていたり(今、現地に行くと『湯乃鷺』になっている)するところを見ると、この映像は春先に撮られたものなのかもしれない。
アニメの主題歌でプロモーション映像を現地で撮った事例なんてあったのかなぁ…。
このあたりが地域をうまく巻き込んだからできたことなのかもしれないけれど。

2011年7月19日 (火)

聖地巡礼のついでに…

聖地巡礼とか、普通の旅行のついでについついやってしまうことがある。

それは、全国にあるアニメ専門店『アニメイト』を巡ること。
自分の記憶をたどると、すでに50店舗近くに足を踏み入れているようだ。
自分が行った後に移転したところが数店舗あるので、再訪問しなきゃいけないところもいくつかあるかもしれないけれど…。
全国に程々に店舗が散らばっていて、さほど駅から遠くないところにあったり(モラージュ菖蒲とか、金沢みたいな例外もあるけれど)するのでちょっとした時間があると行ってしまう。

ということで、今回の聖地巡礼のついでにアニメイト金沢にも行ってきたわけで…。
近くに『花咲くいろは』のワンシーンに出てくるところがあったりするという理由もあるのか、それともPOPを作るのが上手な人が『花咲くいろは』を一押しにしているのかはちょっとわからなかったけれど、なかなか気合の入った宣伝がされていた。

今までいろいろなアニメイトに行ったけれど、聖地巡礼系で大きく取り上げていたのは、今回の金沢くらいだったような気がします。
過去に、アニメイト浜松で、『苺ましまろ』のコミックのところに、「なんと浜松が舞台!」というPOPがついていたのは見たことがあるけれど…。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のときは、聖地巡礼エリアにある千葉とか津田沼ではごくごく普通の扱いだっただけに、こればかりは担当者がどの程度気合いをいれるのかにかかっているのかもしれないけれど…。

2011年7月16日 (土)

『花咲くいろは』聖地巡礼2日目

今日の日程は、金沢駅から湯涌温泉に行って、金沢駅に戻りつつ帰宅する行程。
聖地巡礼は湯涌温泉周辺を中心に…。
Sj201
まずは温泉街の入り口の看板。
『花咲くいろは』のポスターの柄にもなったり、通学シーンにも出てくる場所。

Sj202
『ふくや』旅館のモデルの旅館。

Sj203
エンディングのワンカットに出てくるベンチ。
この後ろにもちゃんとポスターが貼られています。

Sj204
こちらも通学シーンに出てくる場所ですね。

Sj205
作中にも出てくるお稲荷様。

Sj206
アニメに出てきた神社では半分お約束となりつつあるような絵馬。

湯涌温泉の中ではあちこちに『花咲くいろは』のポスターが貼られていました。
その中でも印象的なものを上げてみる。

Sj207
湯涌温泉のバス停の前のお店のところ。

Sj208
郵便局の出窓。

Sj209
白鷺の湯の入り口。

Sj210
今後アニメの中の『ぼんぼり祭り』を実際にお祭りにするとは聞いていたけれど、まずは23日の夜にぼんぼりの点灯式があるようです。

今回の巡礼では大体のところは回ってけれど、うまく写真が撮れていないところとか、まだまわりきれていないところもあったりしたので、近いうちにリベンジしちゃうかも…。