2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2012年4月 1日 (日)

かなまら祭に行ってきた

今日は、川崎大師駅前の金山神社に行ってきた。
言わずと知れた、天下の奇祭、かなまら祭の日。

Km01
金山神社のある若宮八幡宮の鳥居。
奥に見える建物は、幼稚園。
天下の奇祭と言われたこのお祭りが、幼稚園の前庭で行われていることに驚いている人もいるとか…。
神社が副業で幼稚園をやっているなんてよくあることだけどねぇ。
クリスマス会とかどうなってるんだろう。
たぶんちゃんとやるんだろうなぁ…。

Km02
こんなものが売られていたり…。

Km03
たこ焼きもこう書かれてると、なんか変に見えるんだけど。

Km04
数々の物販の幟。

Km05
神社から出発する前の神輿。
周りの外人さんのテンションが高くて…。

Km06
一度アニメに出たことからかもしれないけれど、こんな痛絵馬が。
なぜに『スイートプリキュア』なんだろう…。

Km07
こんな痛絵馬も。

Km08
前にもネタにした、『まじこい』絵馬。

Km09
売られていたろうそく。
これと同じような飴も売られていて、男女問わずなめている人がいました。
なめているところを記念撮影している人も。

Km10
若宮八幡宮の手水鉢。
川崎大師が寄進しているというのに初めて気付いたり…。

Km11
かなまら船神輿。

Km12
エリザベス神輿。

今年も相変わらず凄い祭りでした。
今年は猿回しも出ていて、なかなかすごい盛り上がりかたでした。

前に行ったときに比べてかなり混んでいるようで驚いてしまったし、どうやら海外メディアも来ていたようで、知り合いはBBCのニュース映像に映ってしまったとか…。

ロゴ付きのカメラで撮影しているところを見かけたら、そのカメラのロゴを撮ってブログでネタにしようと思ったのだけど、見事に失敗してしまいました。

また機会があれば、来年以降にまた行ってみようかと…。

2011年11月25日 (金)

川崎に『まじこいバス』を撮りに行く

10月16日のブログでもネタにした、『真剣で私に恋しなさい!!』(通称:まじこい)のラッピングバス『まじこいバス』を撮りに行ってきた。

前回は見事にスカだったのだけど(どうやら前回はサッカーの試合とぶつかっていたので運行が微妙に変わっていたらしい)、今回はうまく撮れたのだけど…。

みなとソフトのまじこいバス情報ページに載っているダイヤとは一本ずれていたような気がするけれど…。
Mk1
まずは左側正面から。

Mk2
左後方から。

Mk3
右前方から。

Mk4
右後方から。

特に右前方・右後方の画像は、平日じゃないとこの場所では撮りにくいかも。
平日の川崎駅西口北周辺は意外とバスが撮りやすというのが大きな収穫だったような気がする。

せっかく川崎まで来たのだから、そのまま『真剣で私に恋しなさい!!』の聖地巡礼へ。

Mk5
川神院のモデルと言われている川崎大師。
アニメのシーンではもっと引いた画像だけど、これ以上引くことはできませんでした。
上手く工夫をすれば何とかなりそうだけど。

第6話に出てきた若宮八幡宮・金山神社にも行ってきた。

Mk6
第6話のお祭りの説明のシーンに出てきたのと似たアングルで撮れてるかも。

Mk7
深夜アニメに出てきた神社仏閣のお約束(笑)。

Mk8
境内には立派なご神体があちこちに…。
実はここ、同じ敷地内に幼稚園があったりするのだけど…。
天下の奇祭が幼稚園の前庭で行われていることに驚きを感じる人もいるらしい。
神社仏閣が幼稚園を経営しているなんて言うのはどこにでもある話ではあるけれど。

Mk9
今まで気づかなかったけれど、境内に若宮八幡宮と金山神社の資料室があるのに気付き、見学してきた。
室内の撮影はNGだったので画像はないけれど、若宮八幡宮の資料室は地域の漁業とか農業関連の資料がいろいろとありました。
その資料室の奥に金山神社の資料室があり、もちろん18禁!
中にはコレクターが寄進した、全国の性器信仰の資料だとか、様々なところの安全祈願のために寄進したご神体の数々なんて言うのも…。
資料の中には、新潟の『ほだれ祭』のポスターなんて言うのもあったりしました。

これでまた来年も『かなまら祭』を見に行かなきゃ行けなくなるかもしれません。

2011年11月10日 (木)

深夜アニメ『真剣で私に恋しなさい!!』にかなまら祭

深夜アニメに『真剣で私に恋しなさい!!』という作品がある。
元々は神奈川県の会社が作ったアダルトゲームらしいのだが、アニメの舞台として川崎市内がいろいろと使われている。
川崎大師のように見える建物とか、東扇島の川崎マリエンのような建物が出ていたりとかもしている。
アニメの放送開始と宣伝のために、川崎市営バスにラッピングバスが走っていたりする。

以下ネタばらしがあるので、まだ『真剣で私に恋しなさい!!』第6話、『真剣で私とかつぎなさい!!』を見ていない人は見ないことを推奨します。

ストーリーとしては、主人公たちが地元のお祭りに参加するというところから話が始まります。
一部のメンバーが乗り気じゃなかったり、女性メンバーが『絶対無理!』と悲鳴を上げるシーンが出てきたりしています。
どんな祭りなのかというの期待して見ていると、巨大なキノコ状のご神体がドーンと出てくるではありませんか。
そのあとに『若宮八幡宮 金山神社』なんていうテロップが出て、かなまら祭の紹介が出てきてちょっと驚く。
元がアダルトゲームで、舞台が川崎ということを考えるとネタにされてもおかしくない部分もあるのだけど…。
さすがにリアルにご神体を描くというのは放送コードに引っかかるのかなぁ…。
このあたりはDVDとかだとリアルに描かれていそうな気がしてならなかったりします。

作中には『実在に基づくフィクション』と書かれているけれど、実際の祭はめちゃくちゃ混んでいて、境内に入るのがやっとという感じでした。

境内のあちこちで『授かり飴』をなめているなんて言うのは実際によく見かけるし、ノリのいい外人さんだと、鉢巻を巻いた上に、鉢巻に授かり飴の棒を挟んでツノのようにしている人とか、ズボンのファスナーを開けて、そこに授かり飴を飾ってる人とか(一歩間違ったら公然わいせつだw)、見て驚くシーンばかり。

ギャグシーンとして、授かり飴と稲荷寿司が並んでるシーンなんて言うのがネタ半分で出ていたり…。

この手の生殖器信仰というのは全国にそれなりにあるらしいけれど、その中でも川崎のかなまら祭と小牧の田縣神社の豊年祭はかなりの知名度のはず。

実際の祭がどんなものなのかというと、去年見に行ったときの様子がこちらにありますので、ぜひとも見ていただければ。