2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年2月22日 (水)

第一航空 下地島で訓練開始

宮古毎日新聞に、第一航空の訓練が下地島で始まったという記事が載っています。

記事についてはこちらから。

第一航空は最新鋭のツインオッター400を就航させたのだが、就航後1ヶ月もしないで粟国空港で事故があったことで、運航を休止していて、それから訓練等を行った上で運航再開を目指しているとは聞いていたが、どうやら下地島空港を使った実機訓練が始まったようです。

この訓練の後、どうやら今年の4月以降に那覇~粟国の運航が再開されるようです。
そのあとになると石垣~多良間、石垣~波照間への運航もどうなるかという話になりそうです。

そうなると2機体制となるはずで、果たしてそのときはどうなるかがちょっときになるところ。

今後どうなるかちょっと気になるところです。
そして今まで飛んでいたアイランダーはどうなっているのかもちょっと気になるところ。
登録は残ってるようなのだが…。

2017年2月 6日 (月)

エバー航空のハローキティ特別塗装機 上半期に4機引退…

中央社フォーカス台湾の報道によると、エバー航空がハローキティジェットの特別塗装機のうち4機を2017年度上半期に引退させるとのことです。

記事についてはこちらから。

記事によると引退するのは…
・マジックスター
・ラブアップル
・スピードパフ
・アラウンド・ザ・ワールド

の4機だそうです。
記事によれば、ハッピーミュージックタイムは昨年の11月に引退していたようで…。
登録番号で検索したら、ハッピーミュージックタイムはエバー航空の新塗装になって現れているようで…。

記事によれば、新しい塗装機をまた追加で入れるようで、それがどの程度集客につながるかというのが気になるところと書かれています。

さて、この中でまともに撮れていないのがマジックスターというのがまた悩ましく…。
自分が乗ったことがあるだけに、さてどうするか。

2017年1月28日 (土)

実は2日間で10回だったらしい…

無線雑誌、『ラジオライフ』の最新号が出てきたので買ってきた。

この雑誌の連載にエアバンドを現地受信した際のレポートが出ており、今回はそれが気になって買ったというのもあったりする。

全国の航空祭をくまなく回っているレポートで、順番からすれば今月発売号で12月の美ら島エアーフェスタの内容が出て来るはずだと思っていたので、本屋でチェックした後に購入。

かなり受信に関してはノウハウのあるライターさんで、どうやら秘密の周波数まで調べてそこもワッチしてるのかなという内容になっていたり。
周波数が秘匿されているのは言うまでも無くですが。

一部の周波数が秘匿されてなければ、色々差し障りもあるわけだし…。

これによると、1日目のスクラブルは5回、2日目のスクランブルは4回だと思っていたのですが、どうやら2日目も5回だったらしい。

ある意味航空祭の目玉が本番任務というのが、今の那覇を象徴するような感じになってしまったようです…。

ひょっとしたら次あたり、所属基地でも捕捉しにくいEC-1でも任務でさり気なく飛んでくるとかありそうな気がしてならない。

過去にYS-11EBとか、EP-3が任務で飛んで航空祭を盛り上げたことがあっただけに…。

2017年1月21日 (土)

レッドブル・エアレース 今年も幕張で開催

レッドブル・エアレースの公式サイトに、今年のスケジュールが発表されました。

スケジュールについてはこちらから。

どうしても気になっているのは日本での開催。
今年も日本で開催が決まっています。

開催日は6月3・4日の2日間で、会場は昨年同様幕張海浜公園。

最近、エアレース開催時に臨時の場外離着陸場ができる浦安市内の岸壁で何やら工事が始まってるという情報があり、何か動きがあるのかなと思っていましたが、単なる整備だったようで…。

開催できる場所は関東だとどうしても幕張かなぁとなってしまいます。
お台場だと羽田の管制圏内だから絶対に無理であるし、他でも公共交通機関が便利な場所でエアレースができる浜なんてあるかなぁと思えたり。

でも、公式twitterが千葉県幕張市とツイートしてしまったのがちょっと残念…。
たしかに幕張は新都心であるのは間違いないが、千葉市なんだけどなぁ。

今年は見に行ければ見に行きたいなぁと思っていたり。
昨年、丘珠で室屋さんのフライトを見たからには、リアルにレースを見てみたい。

2017年1月10日 (火)

桃園機場捷運 台北駅に搭乗手続き窓口を設置へ

ようやく開業の目途が立った、台湾の桃園機場捷運。
どうやら旧正月前までには開業するというのがほぼ見えてきたようで、現地のサイトを見る限りではスタッフの採用試験なんかも始まっているようで…。

そんな中、中央社フォーカス台湾の記事に、桃園機場捷運の台北駅に搭乗手続き窓口ができるとの記事が出ていました。

記事についてはこちらから。

記事によれば、搭乗手続き窓口を設けるのはチャイナエアラインとエバー航空のようで、チャイナエアラインの子会社のマンダリン航空と、エバー航空の子会社のユニー航空も対象となっているようです。

外資系の会社については現状では対象外となるようで、このあたりは今後の動きになるのかなと思っていたりしています。
基本的には、キャセイパシフィック航空以外の外資系の会社は、チャイナエアラインかエバー航空にハンドリングを委託しているはずという認識ではいたのだけど…。

どの時間帯の出発便でも搭乗手続きを受け付けてくれるのであれば、朝早めに荷物を預けて、身軽に市内観光ができそうで、これはこれで便利かなと思えたりもしています。

これを使いたいがために航空会社を選ぶというのも出てきそうな…。

2017年1月 7日 (土)

ジェットスタージャパン 成田~上海浦東就航延期…

ジェットスタージャパンのホームページによると、成田~上海浦東線について、1月23日からの運航開始を見込んで予約を受けていた部分について就航延期を決めたそうです。

詳しくはこちらから。

1月23日から3月25日まで予約した分についてすべてキャンセル扱いになるようです。
中国当局から新規就航の制限がかかったというのが理由のようです。

私自身、成田空港のカーフューメールを取っていて、カーフュー扱いになっているものについて色々と見ていますが、上海浦東空港が絡む遅延は着せに関係なく起きているような気がしてなりません。

延期にになって今後どうなるのかちょっと気になるところではあるが…。

2017年1月 4日 (水)

エミレーツ航空のエアバスA380が成田に帰ってくる!

エミレーツ航空のプレスリリースに今年の夏スケジュールから、成田へエアバスA380が再度飛ぶようになるという記事が出ています。

記事についてはこちらから。

タイトルが『Emirates A380 Returns to Narita, Japan』となっていて、飛行機を撮影する側としてもこういう撮って映える機材が成田に帰ってくるのは嬉しい限り。

確かエミレーツのエアバスA380が成田から撤退したのは、羽田便も飛ばすようになって、どちらもボーイング777-300ERにしたからだったかなぁ。

恐らくそれからまた新たな需要が伸びて来たのか、ドバイからの乗り継ぎ客が増えたのか大型化という話になったのかなぁとも思えたりしています。

中東の航空会社の場合、目的地は中東ではなくその先のヨーロッパとかアフリカとかというのが多いはずだし、何より燃油サーチャージが他社に比べると中東の会社は安い(ま、裏庭で取れる石油にはかなわないよな)ので、これだけの大型機材の需要ってどうなの?と思っていても、案外何とかなるらしい。

成田発着が月・木・金・土・日となり、予定の到着時刻は17:35だから、ちょっと日が長くなって来れば何とかなるかなぁ。
日程を合わせて撮りに行きたいものです。

2016年12月12日 (月)

沖縄遠征 4日目

沖縄遠征も最終日。

寒い関東に帰りたくないといういつもの定番ワードを言いたくなってしまう。

飛行機は夕方なので、午前中は首里城公園に。
Ok401
守礼門。
せっかくなら二千円札を持ってきて、同じだ~なんてのをやりたかったのだが、こういう時に限って持ってきてないという…。
確か『あずまんが大王』のネタだったかなと。

Ok402
首里城の有料地域内にある鎖之間(さすのま)で、琉球菓子を味わう。
お茶はもちろん、さんぴん茶。

前に沖縄に来たのは4年前、その時はもしかしたら気付かなかったのかもしれない。

Ok403
首里城の広場を上から撮ってみる。
このあたりはいろいろとアニメに出ているのだが探訪用の資料を持っておらず、今回はパス。

Ok404 Ok405
沖縄と言ったらやっぱりA&W。
どうしてもルートビア(湿布臭いアレ)をジョッキで飲まないと沖縄に来た気がしない。
那覇の市街地だと中途半端なところにしかなく、国際通りの店ではジョッキで飲めないのであえてモノレール小禄駅の近くの那覇金城店へ。
ここのほうが那覇空港よりも空いてるはずだしと言うのもあって…。

帰りの飛行機はJALのファーストクラス。

Ok406
座席のサイズとかシートピッチとか諸々が違いすぎ…。
行きがLCCの詰め込み仕様だというのもあるけれど。

Ok407
ファーストクラスなので夕食が出ます。
食事は秋田県とのコラボメニューで、グラスの中は秋田を代表する日本酒の一つである『新政』。
色々と料理が凝っていて、まさか機内食にカスベ(エイの乾物を戻して煮たもの)が出てくるとは…。
色々と手間がかかる料理をよくぞ機内食に入れたと思いたい。

羽田空港から帰りはリムジンバス。
渋滞しているとは言ったけれど、担当が東京空港交通だったのでそのまま乗る。
さほど気になる遅れはなく、帰ってきました。

今回はいろいろと楽しい旅行でした。
さて次は、どこに行こうかなと。

2016年12月11日 (日)

沖縄遠征 3日目

沖縄遠征も3日目。
美ら島エアーフェスタの2日目。

今日も朝からモノレールで赤嶺駅へ。
今日も開門前に着いてしまったので、また大米建設の裏手から並ぶという感じ。

Ok301
こちらは赤嶺駅寄りの看板。

Ok302
正門を入ったところで基地のエイサー隊によるエイサー。

Ok303
中に入るとコックピット見学がガラガラ。
ということでT-4練習機の展示に並ぶ。

担当の方のトークが面白くて、注意書きの『ここには触らないでください』と書かれてる内容について、これに触ると何が起こるか丁寧に説明してくれたり。
自分が思っていたものとはちょっと違うという形だったのが意外だったり。

Ok304
地上展示のU-125。

Ok305
美保基地所属のYS-11。
どうやら今年度中に退役するらしいという話も…。
となると航空祭で展示されるのはこれが最後かもしれません。

そういえば、県営名古屋空港の近くに飛行機の博物館ができて、そこにYS-11を展示するという話が進んでいるけれど、どこから調達してくるのかなとちょっと気になっていましたが、もしかしたらこれが小牧に行くのかなぁなんて思えたりしています。
このタイプであれば、普通の旅客機と変わらないはずだし。

Twitterで相互フォローになっていて、今までお会いしたことがない方もを今日は会場に来ているというので、場所を決めてご挨拶ができたのも収穫でした。
空いていそうな飛行機の前あたりにいますよと言うのが正解だったかなぁと。

前線のこの辺にいますだと、どの人も怪しいと思えてしまうし。

ちょうどご挨拶をしつつ話していると、そこにヒゲの隊長こと佐藤正久参議院議員が来賓として通りかかり、ご挨拶いただきました。
参議院の比例となると、こういうところで顔を売っておかないとねぇと言う感じがしたのは言うまでもなくで、比例の議員さんだけど、見た感じでは地元選出の衆議院議員と言うよりは、元防衛大臣並みの扱いを受けていたような。

Ok306 Ok307
南西航空施設隊のグレーダーとかダンプカーとか…。
こういう展示を見るのも珍しいかも。

Ok308 Ok309

今日もまた戦闘機が騒がしい。
前日と同じ理由なのかスクランブル発進が気付いただけで4回…。
ある意味、見せ場を作ってしまったかのような印象も。

昨日同様に天気がいいので、ブルーインパルスを撮るならば逆光になるのが確定なので、昼食を食べたあとに瀬長島へ。

Ok310
今回は整備されたばかりの瀬長島ホテルからちょっと降りたところの公園にしました。
こちらも撮影している人達もそれなりにいました。
結構撮りやすくて、前まで行っていたホテルの前と比べると到着する飛行機の様子が見えるので(瀬長島ホテルの前だと影からいきなり飛行機が出てくる)、ここはいい撮影ポイントかも…。

Ok311
公園が分から基地を望む。
ものすごい人で驚いてしまいます、

Ok312
展示飛行で飛んだU-125を後追いで。

Ok313
展示飛行で飛んだP-3Cも後追いで。

Ok314
展示飛行のE-2Cホークアイは前がちに撮れました。

Ok315
展示飛行から戻ってきたU-125。

Ok316
展示飛行から戻ってきたP-3C。

Ok317
展示飛行から戻ってきたE-2C。

Ok318
基地に戻ってきたP-3Cの洗浄作業の様子なんて言うのも外から見えるようになりました。

Ok319
誘導路から滑走路に入ろうとするブルーインパルス。

Ok320
スモークの動作確認で機体が見えなくなる…。

Ok321
ブルーインパルスの離陸。

Ok322
基地で見ていた時と比べると思ったより海側に飛んでくれました、

Ok323
ハートはこんな風に見えます。

Ok324
こういう後追い構図でも撮れたり…。

Ok325
隊長機が戻ってきました。
こちらに気付いてくれたようで、手を振ってくれています。

終わって帰ろうとすると、瀬長島の入口からの渋滞が派手に伸び、瀬長島ホテルの前までつながっていたり…。
とりあえず那覇バスの具志営業所まで歩いていこうとすると車は全然進んでいない…。
どうやら信号の制御がよくないようでそれで詰まっている感じ。

途中で車で渋滞にハマっている知り合いに会っても『乗ってくか?』とは言わずに、『歩いた方が絶対に速い』と言われ…。
ま、比較対象がいれば頑張れるというかなんというか。

具志営業所に行った後、那覇市内へ路線バスで移動。
そしてそのまままたノッチフラップへ。
今日もまたそうやって暮れていくのでした。

2016年12月10日 (土)

沖縄遠征 2日目

沖縄遠征も2日目。
今日、明日と那覇基地の『美ら島エアーフェスタ』へ。
例年と比べて開門時間が繰り下がり、諸々のスケジュールが後ろ倒しになり、夜飲みに行く自分からすると早起きしなくていいので結構楽ができたり…。

Ok201
モノレールの赤嶺駅を降りると、長い行列…。
開門直前に行ったというのもあるけれど、まさか赤嶺駅前の大米建設(沖縄で大手の建設会社)の本社の影から最後尾の札を持った警備員さんが出てくるとは予想外と言うか…。

Ok202
今年のエアーフェスタには歓迎の門がなく、大きな看板が設置されていました。

Ok203
小禄高校のマーチングバンドの行進。
どうしてもこういうのを見てしまうと『響け!ユーフォニアム』のアニメのワンシーンが頭をよぎってしまい…。
そういえば、あのアニメ、高校で吹奏楽とかマーチングバンドとかやってた人達は、リアルすぎて直視できないなんて話も耳にしたことがあるしなぁ…。

Ok204
地上展示の消防車。
手前がストライカー、奥がパンター。

Ok205 Ok206
展示機のC-130輸送機の外と中。
なんか、台湾では定期便の輸送力が不足すると空軍のC-130の出番だというのが過去にあったとは聞くけれど、さすがにこれで旅行となるといろいろと大変そうな…。
好きものならば乗ってみたいという気持ちはあるけれど。

Ok207
ここの部隊はなんかいろいろとこういう小細工が好きなようで…。
またやってるという感じだけど、いつも撮ってしまう。

1日目の展示飛行はブルーインパルスが予行を兼ねて午後に飛ぶのと、夜のナイトフライトなのだけど、F-15イーグルが何度もスクランブル発進で飛んでいく…。
夜のニュースによれば、沖縄本島と宮古島の間を中国軍の編隊が通過したらしく、それで防空識別圏を越え、レーダーに捕捉されたことで戦闘機が様子を見に行ったようです。

私が見てる限りで5回ほどスクランブル発進があったのは見ています…。
昨日『ヒコーキ・アイランド』の中で冗談半分に、見えないゲスト来ないかなぁなんて言っていたら本当に見えないゲストさんが現れてしまうのは驚きでしかなく。

Ok208
今回のエアーフェスタの目玉は、全日空の協力による全日空機の地上展示。
こういう日に特別塗装機をあえて持ってくるというのが驚きと言うかなんというか。

Ok209
自走ではなかったのだけど、こんな至近距離でトーイングカーが撮れるなんてなかなかないし…。

Ok210
トーイングカーが撮れるということは、当然トーバーも撮れるということで…。

Ok211
トーバーとトーイングカーをつないで、トーイングカーはこの後所定の位置に帰って行きました。

Ok212
自衛隊のタラップが民航機に着いてるのはなかなか珍しいかなぁと。

Ok213
遠くになんかいるという声が聞こえたので望遠を目いっぱいにして見てみると…。
どうやらアメリカ空軍のRC-135シリーズかなと。
リベットジョイントかコブラボールか…。

Ok214
ブルーインパルスの予行飛行。
予想以上に逆行気味であるのが確認できたので、翌日の作戦を練り直さなくては…。

Ok215
夜はナイトフライトとプロジェクションマッピング。
残念ながら私の腕前ではうまく撮れず…。
プロジェクションマッピングの機材を撮ってみました。

この後路線バスとモノレールを使って、ホテルに戻り、またノッチフラップへ。
そしてまた夜は更けていくのでした。

より以前の記事一覧