2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年6月18日 (日)

石垣~波照間に大型高速船 9月に就航予定

八重山毎日新聞に、石垣~波照間航路に大型高速船が導入されるという記事が載っています。

記事によれば総トン数284トンの大型高速船で、県外からの中古船を買ってきて整備して使うのだとか。

確か現状の波照間航路に使わる高速船は総トン数19トンの小型船で、私が波照間島に行ったときも就航していたのはこの小型船…。

自分が乗っている船の前に同じような高速船がいるとその波で派手に揺れるというなかなかすごい船だったりのを覚えています。

たしかその小型の高速船の最高速度が38~40ノットくらいという速力と記憶しているが、今回導入される船はそれよりは若干遅い船がやってくるようです。

これで、欠航する便が少なくなれば、また波照間島に行きやすくなるかなぁ…。

それにしてもやってくる中古船はどこから出てくるのか。

かつて、波照間海運が使っていた高速船は神戸-関空ベイ・シャトルの予備船『かぜ』になったはずだけど、大きさがぜんぜん違うしなぁ…。

2017年5月25日 (木)

五島列島沖の日本海軍の潜水艦

様々なメディアで報道されているが、五島列島沖に沈む日本海軍の潜水艦について大きな動きがありました。

情報源としては朝日新聞へリンクしておこう。

過去に海上保安庁がソナーで探索したとは聞いていたが、今回は更にソナーを深いところに沈めて船体の形を捉えたそうです。

このあたりに潜水艦がいくつも沈んでいると言うのは、確か昨年の今頃、戦艦武蔵が見つかったのと似たような時期に潜水艦があるよというレベルの記事が出ていたはずで…。

戦争直後に米軍が調べた後に沈めたというのがこういうタイミングで出てくるというのがなんか興味深いところ。

将来的には沈んだ潜水艦を引き揚げるなんていう話もあるようで、今後果たしてどうなるのやら…。

何かやるなら、ある意味軍艦とかに話題が向いている今はチャンスであるといえばチャンスなんだけどなぁ。

2017年5月20日 (土)

川崎重工 ジェットフォイル建造を再開

神戸新聞に川崎重工の建造を再開するという記事が出ています。

記事についてはこちらから。

2019年より、東海汽船向けの新造船の建造を再開するのだとか。

このクラスのサイズと速度を満たす高速船となるとジェットフォイルしか選択肢がないはずで、現状ある船の代替の話が出てきそうな時期に、今後どうなるのかなと色々と気になっていたところ。

そこそこのサイズで高速船となるとジェットフォイル化、それよりちょっと大きめのオーストラリアのインキャット社製の高速船くらいしかないはずで…。

小さくて速いやつとなると、八重山群島を爆走する船くらいしか思い浮かばないし…。

このクラスの船が新造されることで安堵している業界関係者も多いんじゃないかなぁと思ったり。

2017年4月13日 (木)

第2次台湾遠征 4日目

台湾遠征も最終日。
今日はホテルを出て、とりあえず台北車站のインタウンチェックインで荷物を預けてちょっと観光したあとに桃園機場捷運で桃園空港に向かい、私と入れ替わりで台湾を観光する友人と昼食を取ったあと帰国するというのが今日の予定。

とりあえずホテルを出て、捷運で行こうかと思ったが悠遊卡ならば地下鉄とバスを乗り継ぐと8NT$引きになることを思い出し、バスで台北車站へ。

インタウンチェックインを済ませ、中正記念堂へ。
Tw401
中正記念堂もちょっと気になっていたが、バスの車窓から見えたその隣の博物館のほうが面白そうなのでそちらへ。

Tw402
世界屈指の海運会社エバーグリーン・グループが運営していている『長榮海事博物館』に行ってみる。

展示フロアの殆どの撮影がダメなのだけど、帆船の時代の船の模型から、エバーグリーン・グループの大型船の模型だとか、軍艦の模型などもありかなり見ごたえのある施設でした。

戦艦大和が大きく目立つところに置かれていたりするのもちょっと驚きではあったり…。

『戸締まり用心火の用心』とか、某海洋もののアニメの標語とかが頭をよぎってしょうがないところではあったりもするのだが…。

このあと、桃園空港へ。
Tw403
せっかく台湾に来たのでアヒルを食べてみたり…。

桃園空港でまともに撮れるのは出国したあとの搭乗待合室だけと知っていたので、さっさと搭乗待合室に入る。

そこで撮れたのがこんな感じ。

Tw404
日本に就航していたかどうかちょっと記憶が微妙なキャセイ・パシフィック航空のエアバスA350。

Tw405
日本にはあまり飛来していないような気のするチャイナエアラインのボーイング777-300ER。

Tw406
日本への就航が徐々に増えつつあるチャイナエアラインのエアバスA350。

Tw407
エアアジアX。

Tw408
今年の夏には退役してしまうエバー航空のボーイング747。

Tw409
奥の方に止められている諸々の機材…。
オリエント・タイ航空と破綻したトランスアジア航空の機材。
もしかしたら右端の機材は、トランスアジア航空とVエアの共用機材だったのかな?

Tw409_2
オリエント・タイ航空の機材はエンジンはついてないし…。
たまたま外して置いてるだけなんだろうけれど。

Tw411
まさかVエアの機材を撮るのがこういう形になるとは…。
新千歳に飛んでくれて、熊が出ると有名なA10ポイントでこいつを撮って『A10で飛行機撮ってたら熊が出た!』とネタにしたかったけれど…。

帰りの飛行機もエアバスA330。
帰りの機内食はこんな感じ。

Tw412
行きは鶏だったので帰りは魚。
ご飯はこちらのほうが私には好みでした。

帰りの飛行機の中でも『君の名は。』を見て、2度目だと1度目には気付かなかった諸々に気がつけて、また面白い展開。
そして、途中から感動して泣いてしまうなど…。

確かに何度も見たくなる映画と言うのはわかるような気がしたり。

こうやって今回の遠征は終わり。
まだ、台北と高雄とその周辺しか行けていないので、今後はまだ行けてないあたりをいけるようにしたいなぁと考えていたりしています。

さてさて、次行くのはいつになるのやら。

2017年4月 1日 (土)

アニメ『ハイスクール・フリート』 OVAの前半を放送

昨年放送されたアニメ『ハイスクール・フリート』。

アニメのあとの世界を描くOVAが5月にい発売されるのをうけて、1月からアニメの再放送が行われていました。

再放送の最終回のあと、5月発売のOVAの前編『納沙幸子がピンチ!』が昨日BS11で放送されました。

ストーリー等についてはネタバレをしないようにあまり触れないつもりだけど、陸上のシーンがメインということで、実在する横須賀市内の場所が何箇所も出ているようです。

その中にはアニメとコラボしてお菓子を出している和菓子屋さんが、お店とお店が入っているビルが出ていて、和菓子屋さんの上の雀荘なんてのまで出てきたり…。

さすがに実際にはファン同士のコミュニケーションスペースになっているところは再現されてはいなかったけれど…。

このシリーズは個人的には好みなので、後半もきになるところであり、DVDを予約しようかなと検討中…。

2017年3月11日 (土)

ハイスクール・フリート『武蔵』のプラモデルを買ってきた

フジミから出ている『ハイスクール・フリート』のシリーズのプラモデルの『武蔵』を買ってきた。

これはフジミの中でも最新のシリーズである『艦NEXT』に入る部類で、基本は接着剤不要でいわゆるパチ組みでいけるというもの。

同じ『ハイスクール・フリート』のシリーズだと『晴風』の2種類とこれが特EASYシリーズだったかな…。

確かに組み立て甲斐のあるきっとかなぁと思いつつも、時間ができたところで制作に取り掛かろうかなぁと…。

なんか、艦NEXTシリーズ自体の新作で、戦艦『比叡』が出るとかいう話があるのでもしかするとこっちも『ハイスクール・フリート』版が出るのかなぁななんて思っていたり。
普通なら金剛のほうが先に出てくるのかなぁと思ったりするのだが。

2017年2月26日 (日)

新千歳空港欠航時はカーフェリーを

北海道新聞に、新千歳空港が欠航になったときにはカーフェリーを活用しようという動きが出ていることが記事になっています。

記事についてはこちらから。

昨年末の大雪で飛行機が飛ばなくなったときに、空港で待機した人もかなりいて、自衛隊にも対応を依頼したというのはニュースになっていたような。

そんな中でもカーフェリーはほぼ正常に運航していて、これでなんとか東京に帰れたなんていう話も耳にしています。

主に苫小牧~八戸のシルバーフェリーがこういうときに使えるとは思うけれど、もうちょっと時間に余裕がある人だと、仙台まで太平洋フェリーに乗るとかいう選択肢もあるのかなと思ったりしています。

万が一のときにフェリーに逃げるというのができれば、なんかしら手が打てるだろうし、こういうアピールっていうのが結構大事なのかなぁと思ったりもしています。

2017年2月 5日 (日)

ハイスクール・フリート『アドミラル・グラフ・シュペー』のプラモデル

今、再放送されているアニメ『ハイスクール・フリート』。

フジミ模型から、晴風・武蔵・晴風(最終形態)とプラモデルが出ているが、これに続いて、『アドミラル・グラフ・シュペー』が出てきたので買ってきた。

晴風と武蔵は最新の設計の『艦NEXT』シリーズなのだが、アドミラル・グラフ・シュペーについては『EASY』シリーズという今までこんなのあったか?みたいなシリーズで…・

現在のフジミのラインナップからすると…
・最新鋭の設計で基本はパチ組みの『艦NEXT』
・最近の設計で接着剤と塗装が必要な『特シリーズ』
・特シリーズの塗装が不要な『特EASY』

というラインナップだけだと思っていただけに…。

実際に買ったプラモデルを見てみると、あちこちにちょっと大きめのバリができていてちょっと驚く。
どうやら完全な新製品ではなく、昔の製品を色付きプラスチックで成形したもののようで…。

さてどうしようかと検討中。
その前にこの製品が出てくるとは思わなくて、ピットロードの『アドミラル・グラフ・シュペー』も買ってあるので、こっちを組んでデカールだけ使うにしちゃおうかと悩み中…。

2016年12月 4日 (日)

NHKスベシャル 戦艦武蔵の最期

今日のNHKスペシャルは『戦艦武蔵の最期 ~映像解析 知られざる”真実”~』

マイクロソフトの共同創業者、ポール・アレン氏が率いる探索チームがクルーザー(と言っても東海汽船の客船並みと言う大きなもの)でフィリピン沖を探索して見つけたもの。

さまざまな映像と資料を基に、なぜ武蔵が沈んだのかというのを多角的に見ることができ、かなり良くできた特集だったと思う。

『艦隊これくしょん ~艦これ~』の提督勢の中には、ボロボロになって沈んだ武蔵胃の姿になんか罪悪感を感じる(ゲームの中で艦娘を轟沈させたからか?)なんて声もいくつか聞こえてきたり…。

不沈艦と言っても、やはり構造的に弱いところがあって、それが原因で沈んだのではないかと言われているという結論になったのはなんとなくわかるような。

結構いい特集だったので、見ていない方も再放送があるのでそれに合わせ見ることをオススメしたいなと。

2016年5月 2日 (月)

横須賀にお出かけ

今日は仕事が休みなので横須賀に行ってきた。
一つの目的は、地域限定の『ハイスクール・フリート』のフレーム切手を買いに行くこと。
そして、もう一つは前に行ったときに時間の都合で早足で見てしまった記念艦『三笠』の展示をじっくりと見ることだったりします。

まずは、横須賀中央駅から三笠公園方面へ。
横須賀中央駅のすぐそばにあるアニメイトに行くと、ここにフレーム切手が売られていて、フレーム切手とグッズをまとめて購入。
この後、三笠公園へ行く途中にある横須賀郵便局によるとまた違う台紙のフレーム切手が置かれているのでこちらも購入。
どうやらフレーム切手、切手の柄は1種類だけど、台紙は2種類ある模様。
あと、オマケの飾れるミニ色紙の柄が違うぐらい。

アニメとコラボしたフレーム切手は過去にいくつもあったけれど、今回は横須賀市市制110周年記念でキャラクターをあしらった小型印が用意され、各郵便局で記念押印をしてくださるそうで…。
どうやら郵政局時代の分類でいうところの普通局だけでなく、特定局まで入っているようで、平日でないと回れないというちょっときつい状態もありそうな…。

それでは横須賀市内をぶらぶらと。

Ys01
三笠公園の案内図。

Ys02
東郷平八郎氏の像。

Ys03
三笠秘蔵の艦船模型の『艦隊コレクション展』なんてのが開かれています。
どうしても音だけで判断すると『艦隊これくしょん~艦これ~』の影響を受けてるのかなぁと思えてしまったりします。
売店でこの展覧会の図録が売られていたので買ってきたのだけど、三笠保存会の会長のあいさつの中に『最近、「坂の上の雲」のテレビ放映やオンラインゲーム「艦隊これくしょん」の興隆により40年振りに記念艦「三笠」への来艦者数が増加している。』なんて言う記載があってちょっと驚く。
ある意味硬派な施設にまでこういうゲームのプラスの影響が出ているとはちょっと驚きだけど、確かにいわゆる提督と言われいるであろう人たちの姿は見たなぁと。

Ys04
艦内の案内図。

Ys05
主砲の根元部分。

Ys06
三笠の艦橋。

Ys07 Ys08 Ys09
『艦隊コレクション』の展示品から。
どうしても気合を入れて撮ってしまうのは、『艦隊これくしょん~艦これ~』の中で活躍してるものを選んでしまいます…。
左から、長門・隼鷹・摩耶。

Ys10
音楽隊の展示に関する部分には、楽器の他、行進曲『軍艦』の楽譜もありました。

Ys11 Ys12
外にある行進曲『軍艦』の歌碑。
表側は楽譜、裏側には歌詞が彫られています。
軍艦行進曲ぐらいは一般常識として知っておいてもいいのかなと思えたりしますが…。

三笠公園から市街地に行く途中で見かけたもの。
Ys13 Ys14 Ys15
地元の百貨店『さいか屋』の駐車場にオリジナルのキャラクターがあちこちに。
港町だからセーラー服なのかなぁと。

せっかく横須賀に来たのだからヨコスカネイビーバーガーを食べに行く。

今回行ったのは『TSUNAMI』と言うお店。
Ys16
横のスマートフォンは大きさ比較用で…。

お店の近くで『ハイスクール・フリート』に出てきた風景らしきものを見つけたのでちょっと寄り道。
Ys17
2話でましろが姉や母親と神社へお参りに行くところ。

Ys18
神社の石段。
このあたりで、ましろがブルーマーメイドになると宣言したんじゃなかったかな…。

Ys19
この神社の境内も2話に出てきていました。
いい感じにまとめられているような印象を受けました。
もうちょっと資料を集めて再度探訪かなぁ…。

ちょっと調べてみると、衣笠駅の近くの商店街が面白いことになっているという情報があったので様子を見に行く。
路線バスで途中、不入斗なんて言う地名が出てきて、そういえば『たまゆら』の中にもこんなところの話、出てたなぁと。
Ys20
スーパー『西友』の外側に貼られていたポスター。
風景についての説明が3枚もついてるのはちょっとやりすぎな気配も…。

Ys21
商店街にこんな横断幕まで…。
これからどうなっていくのかなぁ。

最後に衣笠駅の観光ポスターのところはこうなっていました。
Ys22
色々と気合が入っている感じで、今後どうなるかじっくりと様子を見ていかないとという感じがします。
また改めて訪問が必要かなぁと…。

より以前の記事一覧