2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2015年2月22日 (日)

関西遠征 3日目

関西遠征も最終日。
今日は午前中いっぱいどこかで撮影して、伊丹空港から飛行機で帰るというスケジュール。
撮りに行く候補として上がったのが3つ
・京都急行バス(プリンセスラインバス)の中国製電気バス
・阪急の2300形
・京阪石山坂本線のラッピング列車

1つ目は、入ったばかりの新車だからまだいいかなと後回し。
2つ目は、運用がいまいち見えなかったのでパス。
と言うことで、定番の撮影ポイントで石山坂本線の撮影。

K301
まず最初にやってきたのが、びわ湖毎日マラソンのラッピング列車。
背景、奥の道がマラソンコースだったりします。

K302
おーい!お茶のラッピング列車。

K303
鉄道コレクションでコラボモデルが出た、鉄道むすめのラッピング列車。

K304
同じ列車を後追いで。

K305
京阪線特急色。

K306
アニメ『けいおん!』のコラボ列車。
今回撮りに行った目的の一つ。

K307
中二病でも恋がしたい!戀のラッピング列車。
とあるポジションに座ってカメラを構えると、そこからキャラクターのスカートの中を堂々と盗撮してるような写真が撮れるらしい…。

K308
中二病でも恋がしたい!戀と、けいおん!のラッピング列車の行き違い。
一番いいところですれ違ってくれました。

K309
そして、けいおん!のコラボ列車の反対側。

K311
きかんしゃトーマスのラッピング列車。
今回は1時間ちょっと浜大津にいましたが、『ちはやふる』のラッピング列車を見かけませんでした。
検査だったのかなぁ…。

この後、京阪膳所まで電車で移動して、そこから東海道線で新大阪へ。
新大阪から大阪空港交通のリムジンバスで伊丹空港へ。

空港である程度時間があると行く場所はやっぱり展望デッキ。

K312
エンブラエル170がB滑走路に向かって進入してきました。

K313
そして目の前に着陸。

離陸機も、A滑走路からの離陸機は展望デッキの目の前で離陸するという、なかなか撮りやすい環境。
フェンスも下が透明な板で、高いところには間隔の広いワイヤーフェンスと撮影する大人にも、子供連れにもすごく優しい作りになっている印象。

K314
搭乗する飛行機がA滑走路に着陸してきました。

K315
今回搭乗機材はJA830A。ボーイング787-9。
TOMODACHIロゴのある国内線機材。
このロゴが入ってる国内線機材ってこれ以外にあったかなぁと言う印象。

K316
離陸してからほぼずっと雲の上だったので、特徴的なレイクド・ウイングチップを撮ってみる。

羽田に向けて大きく旋回した後(おそらく千葉県の鴨川のあたり)、こんな状態になりました。
K317
右奥から飛行機が旋回しつつこちらと並走する形に…。
こちらがARLON ARRIVALの経路に乗っていて、向こうはCREAM ARRIVALのルートに乗っかっている様子。

K318
今度は主翼のちょっとしたに相手方の機材を入れてみたり。
そしてほぼ同時に着陸と言うなかなか見ていて楽しいシーンに出くわすことができました。

羽田への着陸ルートは日中帯だと、A滑走路が2ルート、C滑走路が1ルート、B滑走路が2ルート、D滑走路が2ルートあるけれど、こういう並行着陸になるのは、A・C滑走路ともにILSアプローチになっていないと無理なはず…。

今回は非常にいいものが見えました。

今回の旅はこれで終わり。
さて次はどこに行こうか…。
行きたいところがいくつもあって悩ましいのだけれど…。

2014年3月17日 (月)

京阪大津線 中二病でも恋がしたい!ラッピング電車デビュー

京阪電鉄大津線のサイト情報によると、明日3月18日より石山坂本線で『中二病でも恋がしたい!』のラッピング電車の運行を開始するそうです。

そして4月26日から『中二病でも恋がしたい!』とのコラボ切符も出てくるそうです。
プレスリリースによれば600系の2両編成に『極東魔術昼寝結社の夏』のメンバーのラッピングがされていて、ノーマルバージョンと中二病バージョンの2種類のデザインがなされるとか…。

過去に沿線が舞台となった『ちはやふる』のラッピング電車が走っていたこともあり、いつかきっとこの手のラッピング電車はやってくれると期待していましたが、まさか放送期間中に間に合う形でラッピング電車が出てくるとは予想外でした。

運行期間は2015年の3月31日までとの予定になってなので、何とか関西遠征の用事をねじ込んで撮影に行くつもり。
その際には舞台探訪もすることになるのかなと思っていたり…。

2013年6月10日 (月)

中二病でも恋がしたい! 映画化!!

京都アニメーションが制作し、昨年いろいろと話題になった(≒アニメの舞台でも話題になった)、『中二病でも恋がしたい!』が映画化されることに決まりました。

タイトルは『小鳥遊六花・改』だそうで、果たしてどんな展開が待っているのはちょっと気になるところです。

その前からアニメで2期が放送されるという話は出ていたけれど、2期とどこをどう変えてくるのかも含めていろいろと気になるところだったり…。

確か1期の最後には六花の中二病がある程度直ってきたような雰囲気だったのに、結局またフラッシュバックしてしまったというあたりから始まるのはなんとなく想像がつくけれど。

今後の情報にいろいろと期待したいところです。

2012年11月29日 (木)

関西方面遠征 1日目

2泊3日の遠征の一日目。
今日は『のぞみ』号で京都に向かい、そのあと大津市内がモデルとされる『中二病でも恋がしたい!』の舞台探訪(聖地巡礼)が目的。
最初は京都に泊まる予定でいろいろ調べていたのだけど、紅葉シーズンのピークという時期もありどこも価格設定が強気すぎて驚いてしまう。
北陸地方がルーツの某チェーンホテルなんか、シングルのルームチャージで2万円と出てきてびっくり…。
それなら、大阪とは思いつつも、『ちはやふる』のラッピングトレインもあるので、大津で調べると浜大津駅の近くにそこそこ安めの宿を見つけたので、そこで1泊することに。

ということで、京都駅を経由して石山駅へ。
T101
アニメ『中二病でも恋がしたい!』のシーンそのまんまの風景がそこにあります。
右側の本屋さんには特設コーナーができていたり…。

T102
改札側から広場を見てみる。
こちらもアニメのシーンとして出てくるところ。

ここで、舞台探訪コミュニティでつながりのあるメンバーと合流して舞台探訪に行く。
T103
まずその前に石山駅を発車する『ちはやふる』のラッピング電車を撮影。

T104
作中に出てきた東海道本線の鉄橋。
ここでも探訪コミュニティのメンバーと偶然出会ったり…。

T105
その近くにあった看板。
未だに『鉄道公安室長』と書いてあるのが驚き。
鉄道公安室なんて20年以上前に無くなったのに…。

そのあと作中に出てきた公園と神社へ。
T106
誰かが作中の魔方陣を勝手に書いてしまったようです。
こういうのはちょっとなぁ…。

T107
作中に出てきた公園。
なかなかいい描写に驚く。

T108
作中に出てきた神社へ行ってみる。

T109
神社の境内の様子。
小さいながらも地域の人達が大事にしている感じ。

T110
既にアニメに出てきた神社のお約束となりつつあるような交流ノートが…。
中に書いてある内容によれば、きちんと宮司さんの許可を得たとのことです。

T111
再び石山駅に戻り、跨線橋からアニメのワンカットを撮影。
あえて、滋賀らしさを出すために平和堂の看板を入れてみたり…。

T112
作中では学校の最寄駅という設定になっている穴太駅へ。
こちらもかなり良く描かれていて驚いたり…。

T113
こちらでも『ちはやふる』のラッピング電車を撮ってみる。

T114
こちらもアニメのワンシーンで六花が中二病全開だったような…。

T115
そのあと浜大津に戻り、大津港に停泊中のミシガンを撮ってみる。
色々とRAW編集できれいに夜景になっているかと…。

全般的にアニメの世界がリアルに描けていて驚くようなシーンがいくつもあり、また機会があればまとめて再探訪かなと…。
次は違う季節になるかもしれないけれど。