2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2016年3月12日 (土)

流鉄100周年記念祭に行ってきた

今日は、前から気になっていた流鉄100周年記念祭に行ってきた。
会場は流山駅周辺。
ただし、『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた』のトークイベントは馬橋駅近くの公園。
ネットでの情報では、そのイベント会場が混んでいるということだったので、別にトークイベントに行かなくてもいいかなと思いつつ流山駅へ。

R_01
駅の入口のところにあった案内看板。

R_02 R_03
会場の中は結構混んでいて、まともに撮れたのはこのくらい。
流川ガールズのゆかりさんとなにゃこちゃんの等身大パネル。

このパネルが出ている会場は、近くで飲食系のイベントをやっていたのだけど、しばらくするとこんな感じに。

R_04 R_05
魚心くんとのふれあいタイムでしたが、子供たちに大人気でようやく撮れたのがこんな感じ。
アニメの中のちょっとしたキャラクターだったはずなのに、正式なゆるキャラにいつの間にかに昇格してる感じ。
代替イベントは見たので、生涯学習センターで開催されている流鉄展へ。

R_06
会場はつくばエクスプレスの流山セントラルパーク駅の近くの生涯学習センター。
こちらでも流鉄関連の展示と模型の運転会と言う感じで、こちらもなかなかいい感じ。
興味のある方はぜひとも足を運んでみては。

この後、久しぶりにつくば方面に行こうと思っていたら駅前でこんな自販機が。
R_07
関西だとこの手の自動販売機は良く見かけるのだけど、関東だとあまり見かけないような…。
関西の場合だと、切符を買うと中から切符が4枚出てきたりするけれど。

半ばライフワークとなっている、アニメイトの店舗訪問も未訪問の店を一つ訪問済みにできたし、色々と楽しめた一日でした。

さて、また日を改めてのんびりした流鉄を撮りに行きたいなと。

2015年8月22日 (土)

流鉄開業100周年で、『ろこどる』とコラボ!

2014年の夏にオンエアされたアニメ『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』

ローカルアイドルの日常を描いたアニメではあったけれど、舞台が千葉県の流山市と似ている、流鉄が出てくる、流山市役所が出てくるといろいろと気になるところがあったのを覚えています。

R02
昨年のアニメオンエア後もこんな感じでポスターが張られていて、何かあるのかなぁと思ったらTBSからこんなお知らせが。

流鉄開業100周年イベントとコラボすることが決まったそうです。
こういう形でアニメとコラボするなんて言うこと自体が凄く驚きで、なんというか…。

アニメのコラボの中には原作者オリジナルデザインの一日フリー乗車券とか、流川ガールズの2人によるアナウンスとか、かなりびっくりしてしまう内容があります。

今、千葉都市モノレールとコラボしている『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 』も放送していたのが同じTBSだったので、もしかするとTBS側が千葉都市モノレールでこういうことをやっているので、いかがですか?と売り込みをかけたのかなぁと思ったり。
近いうちに流鉄に乗りに行かなくては。

2014年10月29日 (水)

久しぶりに流鉄で流山に行ってみた

先日、久しぶりに流鉄で流山まで行ってみた。

やっぱり気になるのは『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』との絡み。
時間の都合で部隊探訪は別の機会になってしまいました。

個人的にローカル私鉄の気分を味わいたいけれど、お金に余裕がないときに何度も行っていた場所だったりするのだけれど。

R01
ちょっと久しぶりだったので、こういう切符ができていることにちょっと驚いたり。
コツコツと何度も乗っていたので、改札を通ったことない駅は小金城趾だけだったりするのだけれど、一度は気合を入れて沿線で撮影してみたいところ、

R02
フリーきっぷの案内の隣に、このポスターがあって驚く。
この日確認できたのは、馬橋・幸谷・鰭ヶ崎・流山の各駅に同じポスターが貼られていたり。
別の日に行ったフォロワーさんの話だと、平和台駅も掲示されていたようです。
ということは、恐らく全駅に貼られているんだろうなぁ…。

R03
そして流山駅には流山白味醂200年祭のポスターまで…。
うまい具合にセリフをかぶせて、期日とかを消しているのが好印象だったり。

いくらか余裕も出てきたので、近いうちに細かく探訪してみようかと。

2014年6月28日 (土)

『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』 単行本を入手

7月期アニメの中で個人的にちょっと注目している『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』だけど、4コマ系の作品ならネタバレしても構わないということで、とりあえず単行本を2冊とも買ってきた。

一迅社と言うこともあって、日常系4コマであるけれど最近アニメ化される作品とほぼ似ているような雰囲気かなと思えたり。

アニメのPVで、この作品の舞台の流川市が本当に流山市がモデルなのかと言うのをチェックするのも一つのポイントだったり。

PVには流鉄の流山駅がチラッと出たり、東武アーバンパークラインの運河駅が出てきたり、利根運河が出ていたりしていたけれど、そのほかに何かヒントがないかと…。

イベントについてのネタに『みりん工場での醸造体験』なんてのがあって、これは間違いないなとピンと来たりしています。
流山市は『マンジョウ本みりん』の工場があることでも知られ、みりんが名物である場所であるのでほぼ確定と言うところかなと。

あと、どこかの駅前に『心は いさつから(一部見切れてる)』と言うのが見切れてるので調べてみたら、運河駅の旧駅舎の写真に写っていた、『暖かい心は あいさつから』という宗教団体霊波之光の看板そのものであるのが確認でき、もうこれは流山が舞台で確定かなと。

あとは作品次第で、今期の舞台探訪重点作品になっちゃうかも…。

ちょっと気になるのは、テレビの番組表では『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。』になっていること。
単なる誤植なのか、はたまた意図的に変えてあるのか…。

2014年6月19日 (木)

夏アニメ『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』

6月も中旬に入るといつものお約束として、7月開始のアニメで面白そうなものをチェックするといういつものパターンに突入する。
大概の場合、とりあえず2~3話くらいまでとにかく見て、合う合わないを判断するのがお約束ではあるのだけど…。

そんな中新作アニメをチェックしていたら、ちょっと気になる作品が出てきた。
7月3日の深夜からTBS系で放送が始まる『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』と言う作品。

ろこどるというのはどうやらローカルアイドルのことらしく、流川市を舞台に『流川ガールズ』というアイドルユニットを組んで町おこしみたいなことするらしい…。

ホームページからPVへリンクが貼られているのでこちらからもリンクを貼ってみる。

PVの2秒目に出てくる駅がどう見ても流鉄の流山駅そのもの。
そのあとのシーンに出てくる空撮っぽいのが東武アーバンパークラインの運が駅の近くの利根運河。
学校はまだ特定できていないけれど、市役所は流山市役所そのもの。

まさか、実在する地名の山を川に変えただけという予想外の展開にちょっと驚いてしまったり…。
この後本放送でどのくらい舞台が出てくるのかがちょっと気になるし、楽しみだったりします。