2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年7月 5日 (水)

『戦艦比叡の沈没位置を特定し、慰霊したい』というクラウドファンディング

知り合いからクラウドファンディングのお知らせというのが回ってきた。

それが『日本海軍が失った最初の戦艦「比叡」の沈没位置を探し慰霊したい』と言うもの。

どうやら弁護士さんが代表を務めるNPO法人が主体となって、ソロモン海に沈み場所が特定できていない戦艦比叡の場所を特定するのが今回の目的だとか。

ソロモン海というと太平洋戦争の激戦地の一つで、アイアンボトム・サウンド(鉄底海峡)なんて言われて、海底には沈没船の残骸があちこちに沈んでいて、海底を埋め尽くしているなんても言われるくらいのはず…。

サイトによれば、大体の場所は特定できているようで、そのあたりを中心に探すことになっているようです。

ソロモン海に沈む軍艦のうち、戦艦は霧島と比叡だけだけど、霧島の場所は特定されているから、主砲さえ見つかってくれれば、なんとかなりそうな気もするんだけどなぁ…。

正直言って、こういうことをやろうとするとなれば今が一番のチャンスであるのは間違いないわけで、これをきっかけに見つかってくれるといいなぁ…。

2017年5月25日 (木)

五島列島沖の日本海軍の潜水艦

様々なメディアで報道されているが、五島列島沖に沈む日本海軍の潜水艦について大きな動きがありました。

情報源としては朝日新聞へリンクしておこう。

過去に海上保安庁がソナーで探索したとは聞いていたが、今回は更にソナーを深いところに沈めて船体の形を捉えたそうです。

このあたりに潜水艦がいくつも沈んでいると言うのは、確か昨年の今頃、戦艦武蔵が見つかったのと似たような時期に潜水艦があるよというレベルの記事が出ていたはずで…。

戦争直後に米軍が調べた後に沈めたというのがこういうタイミングで出てくるというのがなんか興味深いところ。

将来的には沈んだ潜水艦を引き揚げるなんていう話もあるようで、今後果たしてどうなるのやら…。

何かやるなら、ある意味軍艦とかに話題が向いている今はチャンスであるといえばチャンスなんだけどなぁ。

2016年7月 6日 (水)

BBCが『艦これ』の記事…

BBCニュースで『艦隊これくしょん ~艦これ~』に関する記事が出ていてちょっと話題になっている。

最初BBCニュースと言うから、イギリスではなく滋賀県のびわ湖放送かと思ったのだけど、アドレスを見るとちゃんとイギリスのBBC。

記事はこちらから。

横須賀市内のゲームセンターの様子を取りあげたツイートを元にしたもので、『艦隊これくしょん~艦これ~』のアーケード版をプレイしているのもプレイ待ちをしているのも、海上自衛隊の教育隊に所属する自衛官ばかり…。
どうやら、ある一定の期間内は基地の外へ出るときは制服でなければダメらしく、そういう中でゲームセンターに行って『艦隊これくしょん~艦これ~』のアーケード版をプレイしているのだろうという感じ。

一瞬コスプレのように見えてしまう(ゲームを元にしたコミック版の『艦隊これくしょん~艦これ~』の提督の服装と似てる)けれど、本職と気づいてツイートしたらこんなことになったとかで…。

ツイートした本人には通知が止まらなかったとか。

まさかこんな形で海外の新聞に『艦隊これくしょん~艦これ~』なんてのが取り上げられるのは珍しいかなぁと。

私が知る限りだと台湾の新聞が『霧島』と書いたというのはあるけれど、あれは史上初の女性総統が似てるからという話だったよなと…。

2016年5月 2日 (月)

横須賀にお出かけ

今日は仕事が休みなので横須賀に行ってきた。
一つの目的は、地域限定の『ハイスクール・フリート』のフレーム切手を買いに行くこと。
そして、もう一つは前に行ったときに時間の都合で早足で見てしまった記念艦『三笠』の展示をじっくりと見ることだったりします。

まずは、横須賀中央駅から三笠公園方面へ。
横須賀中央駅のすぐそばにあるアニメイトに行くと、ここにフレーム切手が売られていて、フレーム切手とグッズをまとめて購入。
この後、三笠公園へ行く途中にある横須賀郵便局によるとまた違う台紙のフレーム切手が置かれているのでこちらも購入。
どうやらフレーム切手、切手の柄は1種類だけど、台紙は2種類ある模様。
あと、オマケの飾れるミニ色紙の柄が違うぐらい。

アニメとコラボしたフレーム切手は過去にいくつもあったけれど、今回は横須賀市市制110周年記念でキャラクターをあしらった小型印が用意され、各郵便局で記念押印をしてくださるそうで…。
どうやら郵政局時代の分類でいうところの普通局だけでなく、特定局まで入っているようで、平日でないと回れないというちょっときつい状態もありそうな…。

それでは横須賀市内をぶらぶらと。

Ys01
三笠公園の案内図。

Ys02
東郷平八郎氏の像。

Ys03
三笠秘蔵の艦船模型の『艦隊コレクション展』なんてのが開かれています。
どうしても音だけで判断すると『艦隊これくしょん~艦これ~』の影響を受けてるのかなぁと思えてしまったりします。
売店でこの展覧会の図録が売られていたので買ってきたのだけど、三笠保存会の会長のあいさつの中に『最近、「坂の上の雲」のテレビ放映やオンラインゲーム「艦隊これくしょん」の興隆により40年振りに記念艦「三笠」への来艦者数が増加している。』なんて言う記載があってちょっと驚く。
ある意味硬派な施設にまでこういうゲームのプラスの影響が出ているとはちょっと驚きだけど、確かにいわゆる提督と言われいるであろう人たちの姿は見たなぁと。

Ys04
艦内の案内図。

Ys05
主砲の根元部分。

Ys06
三笠の艦橋。

Ys07 Ys08 Ys09
『艦隊コレクション』の展示品から。
どうしても気合を入れて撮ってしまうのは、『艦隊これくしょん~艦これ~』の中で活躍してるものを選んでしまいます…。
左から、長門・隼鷹・摩耶。

Ys10
音楽隊の展示に関する部分には、楽器の他、行進曲『軍艦』の楽譜もありました。

Ys11 Ys12
外にある行進曲『軍艦』の歌碑。
表側は楽譜、裏側には歌詞が彫られています。
軍艦行進曲ぐらいは一般常識として知っておいてもいいのかなと思えたりしますが…。

三笠公園から市街地に行く途中で見かけたもの。
Ys13 Ys14 Ys15
地元の百貨店『さいか屋』の駐車場にオリジナルのキャラクターがあちこちに。
港町だからセーラー服なのかなぁと。

せっかく横須賀に来たのだからヨコスカネイビーバーガーを食べに行く。

今回行ったのは『TSUNAMI』と言うお店。
Ys16
横のスマートフォンは大きさ比較用で…。

お店の近くで『ハイスクール・フリート』に出てきた風景らしきものを見つけたのでちょっと寄り道。
Ys17
2話でましろが姉や母親と神社へお参りに行くところ。

Ys18
神社の石段。
このあたりで、ましろがブルーマーメイドになると宣言したんじゃなかったかな…。

Ys19
この神社の境内も2話に出てきていました。
いい感じにまとめられているような印象を受けました。
もうちょっと資料を集めて再度探訪かなぁ…。

ちょっと調べてみると、衣笠駅の近くの商店街が面白いことになっているという情報があったので様子を見に行く。
路線バスで途中、不入斗なんて言う地名が出てきて、そういえば『たまゆら』の中にもこんなところの話、出てたなぁと。
Ys20
スーパー『西友』の外側に貼られていたポスター。
風景についての説明が3枚もついてるのはちょっとやりすぎな気配も…。

Ys21
商店街にこんな横断幕まで…。
これからどうなっていくのかなぁ。

最後に衣笠駅の観光ポスターのところはこうなっていました。
Ys22
色々と気合が入っている感じで、今後どうなるかじっくりと様子を見ていかないとという感じがします。
また改めて訪問が必要かなぁと…。

2016年1月14日 (木)

探検バクモンに艦これ

昨日放送された、NHKの『探検バクモン』は、今週と来週で横須賀の記念艦三笠の特集。

昨年夏に行ってきて、なかなか面白いところだったけれど、この番組でどう取り上げられるのかと思って見ていたら、一番驚いたのが『艦これ』のコスプレをしたレイヤーさんが何人も出てきてちょっとびっくり。

大人の事情でゲームに出てくるキャラクターは出せないとか言っていたけれど…。
でもコスプレイヤーは出しちゃっていいのかとなんかいろいろと察してしまいそうな部分も。

さすがにテレビと言うことで、普段は入れない場所までしっかりと見せてくれていてかなり興味深いものでした。

来週はどんな展開になってきてくれるのかなぁと。

2015年10月25日 (日)

Model Graphix誌に『艦これ』特集(3回目)

模型雑誌『Model Graphix』の最新号が『艦隊これくしょん ~艦これ~』特集だったので買ってきた。

かれこれこういう形で特集が組まれるのは3回目。
かなり息の長いコンテンツになってきました。

こういう形で息が長く続いてくれていることが模型業界にとってもプラスに動いているようです。
息の長いヒットのおかげで、プラモデルメーカーが金型に投資をできるということで、色々と新製品が出せたりしているのだとか…。

予算が取れたら金型を彫ろうと言っていたものが、できるようになったとも取れる記事がいくつも…。

まだまだ息の長いコンテンツになってくれるんだろうなあと思いつつ。

2015年8月 7日 (金)

五島列島沖に日本海軍の潜水艦群???

今日の昼あたりから、日本テレビ系のニュースサイトで『潜水艦 伊402発見か?』というニュースが出てきました。

伊400型と言うと、今年ハワイ沖に沈む伊400の特集がNHKの『歴史秘話ヒストリア』で取り上げられ、その船に乗り組んでいた人の戦後まで出ていたのが印象に残っています。
乗り組んでいたのは、戦後広島を中心に大きく成長したスーパーの創業者で、まさか『鉄のくじら館』の隣のスーパーだったとはと言う展開があって驚かされたり。

今回見つかった伊402ともども、攻撃機を積んでパナマ運河を爆撃する計画まであったらしく、航続距離も地球1周できるぐらい凄いものだったらしい…。

夕方になって海上保安庁から広報資料が出てきました。
どうやらこの海域で、海上保安庁の調査船が沈められた潜水艦と思しき物体を24個発見されたようです。
まさか、こんな形で潜水艦が見つかり、さらに詳しい調査がされることを個人的には期待したいところです。

このあたりで出てきた船が『艦隊これくしょん』と絡んでくると、また何かゲーム上でやってくるのかなぁとちょっと思ったりしています。
今回の大型イベントには間に合わないだろうけれど、次あたりなんかやってくれそうな気もする。

2015年5月27日 (水)

また戦艦大和の引き揚げの話…

日刊スポーツに戦艦大和の引き上げについての記事が載っていた。

<引用ここから>
 自民党の若手国会議員有志が26日、太平洋戦争で米軍に撃沈された旧日本海軍の戦艦「大和」の引き揚げを検討する議員連盟を発足し、国会内で初会合を開いた。大和が沈む鹿児島県南西沖の海底調査などを政府に求める提言を6月にもまとめる方針だ。

 初会合後、呼び掛け人の中川俊直衆院議員は「戦後70年の節目の年。不戦の誓いのためにも引き揚げには意義がある」と記者団に語った。議連は「海底の戦艦『大和』『武蔵』調査研究会」。フィリピン中部シブヤン海で沈没した姉妹艦の武蔵の研究も進める。
<引用ここまで>

こういう話は何度も出ているけれど、あえて引き揚げる意味があるのかどうかいまいちわからないところではあります。
何度も調査はされているし、研究も進んではいるとはいえ、さすがに引き揚げるとなるとハードルが高すぎるのではないかなと思っていたり…。

昨今の情勢を考えると、日本海軍が作った戦艦12隻のうち、沈没後の姿がまだしっかりと把握されていない船を探すためにお金を使ったほうがいいんじゃないかなと思えるのは自分だけかなぁ…。
でもソロモン海に沈んだ比叡の調査が行われると、下総航空基地にある主錨はなんなんだとという別の問題が出てきそうな気がするけれど、それはすでに本物であるかどうかという疑問が出ているので、それはそれで進化なのかもしれない。

ま、戦艦ではなくてミッドウエー海戦で沈んだ空母を探すとかでもいいのだろうけれど。
こう考えてしまうのは、私がそれなりにガチの提督勢だからと言うのもあるけれど。

2015年5月10日 (日)

春のイベント海域を突破しました

私自身、かなり前から『艦隊これくしょん~艦これ~』をやりこんでいるのはブログで何度か取り上げているけれど、今回春のイベント海域を突破できたので報告します。

今回のイベントは4月28日から5月18日の期間限定で開催されている海域で難易度を3段階で選べる海域になっていたりします。

前回のイベント海域は最後の海域がかなり手ごわく、途中で断念してしまったけれど、今回は何とかクリアできたので取り上げてみようと思う。

ちなみ最終クリア画面はこんな感じ。
Cekzinyuiaerwg5png_large

難易度は1つ目から5つ目までは、標準的な乙を選択し、最後の海域だけは難易度の低い丙を選択して何とかクリア。
実は、最終海域も乙レベルで8回ほど出撃したのだけど、何回やってもボスにダメージが与えられなかったので、丙に下げた次第。

私の周りの提督勢でも、今回の海域はスムーズに進むなんて言っている人が確かに多く、私もそんな印象があったりします。

また今度はどんなイベントが出てくるのかが気になるし、どこまでこのゲームが長く続くコンテンツになるかが気になるところ。

2015年3月 8日 (日)

我が鎮守府に『武蔵』がやってきた

相変わらず人気が続くゲーム『艦隊これくしょん ~艦これ~』。

ついに一昨日、わが鎮守府に戦艦武蔵がやってきました。
今まで何度か大型艦建造を回してはいたけれど、たまに出る『まるゆ』が怖くて、なかなか大型艦建造を回す気分になれませんでした。

でもなんか、予感がしたので試しに回してみることに。
確かこの時の秘書官は『長門』だったような。
Musasi2
今回投入した資源は、
燃料:4000
弾薬:6000
鋼材:6000
ボーキ:2000
開発資材:100
空きドック:1
で建造を開始してみます。

Musasi3
そして開発中の時計を見ると8時間!
この時点で、『大和』『武蔵』と確定。

Musasi1
高速建造に余裕があるので、高速建造で結果をさっさと見てしまいます。

Musasi4
やってきたのは『武蔵』!!!

先日、マイクロソフトの共同創業者、ポール・アレン氏がフィリピンのシブヤン海で沈んだ武蔵の姿を見つけてきたというニュースが駆け巡ってきましたが、ついにわが鎮守府にシブヤン海から蘇った武蔵がやってきてくれました。

単なる偶然だとは思いたいけれど、今回のようなことがあったから、出やすくなってるとかないよね…。