2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2015年2月17日 (火)

艦隊これくしょんにアーケード版?

今月のアーケードゲーム系のイベントで、艦隊これくしょんのアーケード版が発表されたそうです。
どうやら、これ以前にロケテストがあったという情報はあるけれど…。

詳しく載っているGAMEWatchにリンクを張っておきます。

まず目に付くのがロゴ、ブラウザゲーム版ともアニメ版とも違う戦艦のシルエットが描かれています。
ブラウザゲームのロゴのシルエットは長門型の戦艦、アニメ版は大和型の戦艦、そして今回は伊勢型の航空戦艦となっています。
なんかロゴのシルエットが違うなと思ったら…。
と言うことは次の展開が何かある時には、シルエットは扶桑型の戦艦か、金剛型の高速船間にでもなるのかなぁと思えたり。

どうやらブラウザゲームと同様にアーケード版でも艦娘がドロップするようで、ドロップする際にはカードが出てくるのだという。

カードが出てくる仕組みと言うのが変わっていて、もともと印刷されているカードを出すのではなく、その場でカードを印刷して出すという意外な方法が取られているとか。

これであればプレイサーバーでどのカードが出りるかがしっかり管理できるし、店舗再度としても専用の用紙をセットするだけで対応できるのかなと思えたりしています。

果たしてそこまで私がやるかどうかは未定だけど、ちょっと気になる存在ではあたり…。

2014年9月28日 (日)

下総基地航空祭の地上展示

昨日行ってきた下総基地航空祭の地上展示の様子を上げていきます。
今回はP-1哨戒機以外にも見てみたいものがあったのでそれも含めて…。

Sk01
まずは陸上自衛隊のOH-6D(31264)。
陸上自衛隊のヘリコプターの操縦士養成の際に使われるもの。

Sk02
陸上自衛隊のUH-1J(41864)。

Sk03
海上自衛隊のSH-60K(8432)。
館山航空基地所属の機材。

Sk04
海上自衛隊のUS-2(9902)。
所属基地は岩国だけれど、確か小笠原諸島での急患搬送のために厚木航空基地に常駐してるはず…。
厚木航空基地の滑走路が工事で使えない時期になると下総航空基地に常駐していることもあるとか。

Sk05
航空自衛隊のC-130H(35-1071)。

Sk06
機体の航空自衛隊60周年の記念標記をアップで。

Sk07
海上自衛隊のT-5練習機(6360)。
山口県の小月航空基地所属の機材だけど、これって直行で来れたのかなぁ…。

Sk08
海上自衛隊のTC-90練習機(6826)。
こちらは徳島航空基地所属の機材。

海上自衛隊の固定翼機の教育に使われる機材が全種類揃っていることに帰ってきてから気づいたり…。

Sk09
海上自衛隊のU-36A艦隊訓練支援機(9201)。
こちらは岩国航空基地所属の機材。

Sk10
海上自衛隊のMH-53E掃海ヘリコプター(8628)。
現在は岩国航空基地所属だけど、かつては下総航空基地に常駐していたとか。

これより先は、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の提督ならニヤニヤが止まらないもの。
以降の画像には、比較対象としてプレイ画像のスクリーンショットを使っています。

Sk11
まずはうちの鎮守府。
旗艦は『比叡改二』で、ケッコンカッコカリも済ませたハイレベル艦。

いろいろと調べていたら、去年の下総航空祭のあとに『下総航空基地の敷地内に高速戦艦比叡の錨と言われているものがある』という情報を見つけ、次に下総航空基地に行くことがあれば、絶対に写真に撮って来ようと決めていました。

Sk12 Sk13
アングルを変えて2枚撮ってみました。
説明書きは改装する前の魚雷を搭載していた当時のもの。

Sk14
その隣には九一式改二型航空魚雷。
海軍の攻撃機『天山』に搭載されていたもの。

Sk15
比較対象に『艦これ』図鑑にある『天山』の画像を引用。
機体の下に描かれている魚雷がこれなのか?

Sk16
戦艦『長門』や『陸奥』の主砲に使われた40糎被甲徹甲弾。

Sk17
『艦これ』だとこれになるのかなぁ…。

今まで見てみたいと思ったものがいろいろとみることができ、濃いものを見ることができました。
海軍関連の展示品は案内のパンフレットにも載っておらず、果たして見に行った人がどの程度いたのやら…。

リュックサックとかに『艦隊これくしょん』絡みのグッズをつけている人はそれなりに見かけたんだけどなぁ。
いきなり呼び止めて教えてあげるのも余計なお世話かもしれないし悩ましいところ。

2014年8月21日 (木)

艦隊これくしょん 登録ユーザーが220万人を超える

私もなんだかんだではまっているゲーム『艦隊これくしょん』。

今日の運営側のツイートに驚くべき数字が出ていました。
登録ユーザー数がついに220万人を超えたそうです。
私が登録したころで確か40万人ぐらい。
全世界に展開している米軍と規模が同じなんて言われていたけれど、それから衰えることを知らずにかなりすごい展開に…。
資料によれば大東亜戦争(太平洋戦争)での戦死者が213万人余りという資料が出ているから、本当に驚いてしまうばかり。
昨今では今まで見かけなかった若い人たちが戦争関係の資料館に来るようになったとか、今まで諸々の都合で製品化できなかった軍艦のプラモデルが製品化できたとか、いろいろと今までは考えられなかった展開になっているような…。
果たしてどの程度までブームが続くのか気になるところだけど。

2014年2月19日 (水)

ロマンシング佐賀

ネット系のニュースサイト等で話題になっているネタを引っ張ってきます。

スクエアエニックスのゲームシリーズ、『ロマンシングサガ』シリーズが佐賀県とコラボして、その名も『ロマンシング佐賀』というコラボイベントを行うそうです。

公式サイトはこちら
今のところ告知レベルしか出ていませんが…。

『ロマンシング佐賀』というと思い出すのは、深夜アニメ『僕は友達が少ない』の中で、隣人部のメンバーが試作品とはいえこのタイトルそのまんまのゲームを持って来てプレイするなんてシーンがあり、今回のイベントと何か関係あるのかなんて言う話も出ていたり…。

確かアニメのときは敵キャラがワラスボだったような。
イベントに行ければ足を運んでチェックしてみたいところ。

明日から3日間ほど遠征するので、次の更新は土曜日以降になります。

2014年2月13日 (木)

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」 DVD化

テレビ東京のスペシャル番組の人気特集「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」がDVDになるということで、ZAKZAKで取り上げられていた。

テレビ東京の土曜日のスペシャル番組で、太川陽介さんと蛭子能収さんと、女性タレントの3人で路線バスを乗り歩くという番組で、見ていていろいろと面白かったりする。

大概バスの中で蛭子さんが寝ているところが取り上げられたり、蛭子さんのわがままを太川さんがたしなめるなんてのがお約束の展開だったりします。

取り上げられている内容からすると、バスファンから「あそこはああしておけばよかった」という意見なんかも届くのだとか。
バスの路線図などの手がかりもない中、地図で方向だけを特定して動いているような部分もあるから、ああしておけばよかったというツッコミが来てしまうのは仕方のないところのような気もします。

個人的にこの番組の見どころは、路線が断絶した時の蛭子さんのリアクションだったりするわけで、路線バスがきちんとつながってるとちょっと物足りなく感じてしまうときがたまにあったりする。
悪趣味と言われたらそれまでだけどw

こうやって人気コンテンツになってきてるのであれば、また続編も出てくれないかなと思っていたりしています。
出来れば、生でこのメンバーが移動しているところを見てみたかったり。

2013年11月24日 (日)

艦隊これくしょん ~艦これ~ ついにコラボ日本酒!

ミリタリーもののゲームとして、大人気の『艦隊これくしょん ~艦これ~』。
今日は、大和ミュージアムで艦これオンリーの同人誌即売会もあったそうで、大人気なのは相変わらずみたい…。
恐らく、今年のコミケはミリタリーものでかなり盛り上がるのかなと思っていたり。
ガチのミリタリーものと、艦これものと両方とも凄いことになりそうな予感が…。

そんな中、呉の地酒専門店である呉蔵元屋さんのブログにこんな記事が載っていました。

何でも、『艦これ ~呉鎮守府~ 地酒セット』というセットが発売されるそうです。
セットに含まれるお酒は、呉市の地酒としても知られ、旧海軍の御用達でもあった千福というお酒。

CMソング『グラスをのぞくフラミンゴ』でも知られるところ。

この曲、作詞:サトウハチロー、作曲:いずみたく、歌:ダークダックスという曲。
最後の『千福いっぱいいかがです』という歌詞がラジオで流れているのが印象に残っていたりします。
そこそこの頻度で関東でも流れていたので、なんか印象に残っていたりします。
いずみたく作曲の曲は耳に残りやすいので(文化放送のQRソングとか、伊東に行くならハトヤとか…)、なんか聞いたことがあるという感じ。

自分自身、千福を飲んだことがないので、何らかの機会を作って飲んでみたい…。
海上自衛隊の基地にある売店限定で、『大吟醸 提督』なる酒もあるとか。

2013年9月 4日 (水)

艦隊これくしょん ~艦これ~

最近ネット上でとにかく話題が尽きない、『艦隊これくしょん』。
とにかくすごい人気で、私も3週間くらい前に始めようと思ったら、アカウントすら取れない状態もあったけれど、運よく平日の昼間にアカウントが取得できたので、コツコツと進めていたりする。

ちょっと無理やり進めるとかなり苦戦してしまうところもあり、無理やり突撃すると轟沈してしまうのは大戦中の史実とさほど変わらないのかも…。
かく言う私も空母『蒼龍』を沈めてしまっただけに………。

艦娘と呼ばれるキャラクターたちが話す言葉にも、色々と史実をきちんと考証したものがあったりと、企画立案したスタッフがかなり軍艦とかが好きなのかなと思えたりするのだけれど。

最近、ちょっと様子を見ているとウオーターラインシリーズのプラモデルの在庫が動き始めている気がする。
昨年、『ガールズ&パンツァー』で戦車モノのプラモデルがかなりよく売れたなんて言う事象もあったけれど、今度はそれに続く事態になるのかなと…。

プラモデル売り場で『俺、プラモデル造ったことないんだけどなぁ…。』とか言っている人も何度か見かけるようになったし。

これからまた模型雑誌とかでも取り上げられていくのかなぁ。

2012年12月 9日 (日)

成田空港で見かけた飛行機以外のレアもの

今日は、飛行機で成田空港に降り立った友人と食事をするために成田空港へ行ってきました。
飛行機はそこそこ撮れたけど、まだいろいろと整理をしなきゃいけないので飛行機の実機ネタは今回は無し。
友人が乗ってきた飛行機の便名を聞いておいて、ワイドバンドレシーバで無線を受信して当該飛行機が着陸してスポットインしたのを確認してから出口で迎えるなんてのは、ワイドバンドレシーバを持っている飛行機撮影を楽しむ人なら一度はやったことがあることかもしれないけれど。

そんな中第2ターミナルで見かけたのはこれ。
Nrt01
最近めっきり見かけなくなった、『電車でGO!』シリーズ。
高速編の3000番台となっています。
かれこれ10年以上前の筐体であるので、まだ現役の機材があること自体が驚きであったりするけれど…。
その隣の『LANDING HIGH JAPAN』も現役の筐体をあまり見かけないような…。

飛行機モノは第1ターミナルにもあったりするけれど…。

そして、第一ターミナルで見かけたのはこれ。
Nrt02
一見すると普通の救急車に見えるけれど、これがNAAのロゴがあるのがわかるとおり、成田空港会社の私有の救急車。
ちゃんと公道走行可能なナンバープレートが付いていて、場合によっては機内の急病人を病院に運ぶこともあるのかも。

ちょっと狙っていたのは、デルタ航空の年代モノのケータリングトラックだったんだけど、今日はちょっと見ることができませんでした。
年代的に、空港開港時から使っている超年代モノと思えるだけに…。

2012年1月18日 (水)

ハドソン 消滅…

ファミコンブームの頃に、一大ブームを起こしたゲームソフト会社『ハドソン』。

高橋名人の16連打とか、『桃太郎電鉄』とか、『北へ。』などいろいろなゲームを出していたことでも知られているところ。

函館本線にC623号機が復活した時のメインスポンサーでもあったことでも知られていたりする。
元々が、函館本線を走るC62形の写真集を出す会社から始まったということもあり、郵便番号が062で始まる場所に本社を構えていたりもしたようです。

そんな会社からプレスリリースが出ました。

3月1日をもって、コナミデジタルエンタテインメントと合併して、ハドソンという会社が無くなってしまうそうです。

会社自体が無くなってしまうことで、一つの時代が終わってしまうような寂しさを感じてしまうけれど、高橋名人が会社を去り、また桃太郎電鉄シリーズの新作も出ないというから、時代の流れなんだろうなぁと思えたりもします。

2011年5月23日 (月)

高橋名人がハドソンを退社するそうです

ファミコン世代ならば、誰もが知っている有名人と言えば16連射などでも知られる高橋名人だと思う。
久方ぶりに毎日新聞デジタルの記事で名前を見たと思ったら、今月いっぱいでハドソンを退社することになりましたという記事でした。
ファミコン世代からすると、16連射というのは確かにすごかったのを覚えているし、一時期インチキをやって捕まったなんていう都市伝説もあったやに記憶しています。

ハドソンの創業者兄弟が蒸気機関車C62が好きだったということもあり、C62の頃のSLニセコ号はハドソンがスポンサーになっていたとか…。
ということは、高橋名人の16連射での売り上げがC62を動かしていたことになるのかなぁ…。

そういえば、昔高橋名人のライバルみたいな感じで、毛利名人っていたような気がするのだけど、この人は今どうしているのだろうか?
今ごろになって気になったり…。