2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年5月17日 (水)

こんなところに電源ボタンがあったのね…

先日、私が使ってるスマホがフリーズしてしまった。

フリーズした場合、電源を切るならスリープボタンを10秒以上押すと強制的にシャットダウンできるというのは知っていたが、それも効かない…。

ということで携帯ショップに駆け込んで相談。
そうするとすぐに充電器を出してきて、充電器を差した後にSIMカードのスロットのカバーを開け、小さなピンのようなもので何か操作をするとあっさり電源は落ち、再起動すると何事もなかったように使える…。

ただのフリーズだったと言うのは安心だったけれど、こんなところに電源ボタンなんてあったのねと言うのがある意味驚きとしか。

あとで見てみると、SIMカードのスロットの横に小さなボタンがあって、よく見ると小さく『OFF』の文字があり、どうやらこれを押して強制的にシャットダウンしていたようで…。

とりあえずこの対応を覚えたので、次に万が一のことがあったら爪楊枝なり細いペン先でここを押して再起動すれば問題ないということか。

2017年5月 5日 (金)

スマホのSIMロックを解除する

先日、ちょっと気にはなっていたが、スマホのSIMロックを解除した。

スマホ自体、現状はSIMフリーにできる機種であり、その対象期間を越えているものであるのはわかっていたので、今後携帯電話を買い替えたときにSIMフリー化しておくと、次に出かけるときに便利かなと思い、解除することにした。

私の場合、使っているスマホはAUのSOV31ではあるのだけど、お店に持ち込むと3000円だけど、どうやら公式サイトでも申し込めるらしいということで、公式サイト経由で…。

普通に何かの手続きをするという感じで、あっさりスマホはSIMフリーになってくれました。

今のスマホは使って2年近くなるので、いずれ電話機を新しくすることで、台湾に行くときに現地のSIMカードを買ってそれで通信するなんていうのもできそうな気がします。

次に遠征するときはどのキャリアと契約するかとか、色々と考えなきゃなと思っていたり…。
中華電信がいいよという話もあるし、台湾大哥大がいいよという話もあり、遠傳電信がいいよという話があり…。
今使ってる機種で、この3つはローミングで繋がってたようなので、この辺がやっぱり選択肢になるのかなぁと。

2017年4月30日 (日)

台湾のスマホのローミングのこと

台湾に遠征したときの備忘録として、スマホのローミングのことをまとめておこうかと思う。

基本的には、日本を出るときにポケットルーターを借りて、こちらでデータ通信、まず使わないけれど音声通信用にローミングを使うという形で海外では行動するのだが…。

そうしないと、データ通信料がちょっと高くなってしまうので。

台湾の大手の携帯電話会社はどうやら3つ。
空港でsimカードを売っているのも…
・中華電信( Chunghwa Telecom)
・遠傳電信(Far EasTone)
・台湾大哥大(Taiwan Mobile)
が多いような。

日本で言うところの、ドコモ・AU・ソフトバンクモバイルみたいなものだろうか…。

ローミングだから、一度どれかにつながるとずっとそこにつながり続けるのかなぁと、タイミングを見てスマホを見ていると…。

最初のうちは、遠傳電信だったのが、気付くと台湾大哥大に変わったり、中華電信になったりと、まさかキャリアごとローミングだと乗り換えになるのかと思うとちょっと驚いたり。

私の場合スマホはauなのだけど、前もってauショップにローミングのことを聞いたら、どこかのキャリアに必ずローミングがかかって、それは世界データ定額に影響しないとは言われたのだけど、それはこういうことだったんだなぁと…。

どうやらシェアとしては中華電信がトップだとかで…。

今後台湾に何度いくかわからないけれど、行く回数が増えたらsimフリーのルーターとsimカードに手を出すかもしれない…。
さて今後どうなるか。

2017年4月20日 (木)

50000人の写真展に出品

ここ数年、いつも出している50000人の写真展に写真を出品してきました。

色々と悩んだ結果、ベストなものといいつつも10枚も出すという豪快な展開に。

鉄道ものは良く撮れているものが台湾モノで、それをまとめて出した感じ。
それ以外は、ブルーインパルスとか、航空祭の様子とか諸々。

普通にモニターで見てるだけよりも、引き伸ばして大きくするとやっぱり見栄えがするなぁと。

展覧会後にはいつもお願いしているお店にプリントが出されるのが、結構いろいろな人に見られているようで…。

こういうのって快感になるから、またやるんだろうなぁ。

とりあえず今年分はもう終わったけれど、来年分がこれから始まるというかなんというか。

2017年2月23日 (木)

今年もまた富士フイルムの写真展のご案内が来た

今年も富士フイルムから毎年恒例の写真展のご案内が届きました。

今年はどうやら今まで30000人の写真展というのが50000人の写真展と言うかたちでパワーアップしての実施になるようです。

詳しくは公式サイトを見ていただくとして。

私もなんだかんだでそれなりの枚数を出しました。
自分が撮った写真を大きく引き伸ばして、それを飾るというのがまた楽しくて。

どうやら昨年も30000人で収まらなかったようで、実際には延べで30000人を超えてきたようです。

昨年の写真展のあとにもいい写真がいくつか撮れているだけに、これをまた出展してみようかなと。

まだ今年の締め切りまでは期間があるので、それまでにいいものが撮れればまた違ってくるだろう。

2016年2月26日 (金)

CP+に行ってきた

今日は毎年恒例のカメラのイベント、CP+に行ってきた。

イベント自体は昨日から開催されていて、会期は日曜日まで。
ここ数年毎年行っているけれど、徐々に規模が大きくなっているような気がして、今まではアマチュアの写真展を行っていた会場が別会場になっていたりとか、三溪園に行く無料シャトルバスが出ていたりと、いろいろと変わってきたような感じもする。

ちょっと気になるものもいくつかあって、お店で見かけたら買っちゃおうかなぁと思ったものもいくつかあったり。

日頃お世話になっているカメラマンさんにもご挨拶できたし、短い時間ではあったけれどかなり濃いところを見ることができました。

ちょっと気になってる単焦点レンズなんかもチェックできたし。
果たして次に何を買おうかと物欲がいい感じに刺激されてしまって悩ましいところ。

カメラ自体はここ最近大規模に投資したので、次を買うのはしばらく先だけどPanasonicの4K photoはちょっと気になる存在であったりするわけで…。

確か去年か一昨年のCP+で他のメーカーのブースで独自のRAW形式で同じようなことができるのを出していたような記憶があるのだけど…。

また来年も行くことになるのかなぁと。

2015年12月30日 (水)

デジカメで撮った写真データの保管について

知り合いからtogetterでこんなのがあるよと教えてもらったのでネタにしてみます。

それは、『要注意!写真データをメモリーカードにアルバム用途で保管してはいけません』と言うもの。

リンク先にはとある量販店で、メモリーカード自体をアルバム用途で保管するのを勧めるかのようなPOPが出ていることが紹介されています。

確かメモリーカード自体は、最低でもある一定の周期でメディアに通電しないとデータが飛ぶ可能性があるし、最悪の場合端子に近いところに静電気が当たるとアウトだったような気もするし…。

果たしてどうやって保管するのかがちょっと気になるところだけど、私の場合、まずは普段使ってるパソコンのハードディスク(OSはハードディスクに入っておらず、別のSSDに入れてありそちらからOSは起動)に保管をしています。
そのあとで、普段は接続していないポータブルハードディスクをバックアップ用途で確保してあり、新しいデータが追加されるごとにタイミングを見てポータブルハードディスクへコピーと言うのを繰り返しています。

今ちょっと考えているのは、クラウドストレージへのバックアップができないかどうかと思い、価格等を調査しているところ。
物理的に別の場所に保管するというバックアップは絶対にありだと思っているので…。

2015年9月22日 (火)

新しい一眼レフを購入

前から買おう買おうと思ってずっと値段をチェックしていた一眼レフを買った。

買った機種はニコンのD7200、新製品が出た頃からずっと気になっていて値段をチェックしてきたもの。

最初の販売価格は148,500円でしたが、ずっと値段を見ていたら一度127.,610円に下がったあと、また148,500円に戻るなど、常に価格が乱高下していました。

とりあえず今までの価格と、ヨドバシカメラのポイントカードにたまっているポイントを元に、とりあえず130,000円を切るのを目安にずっと値段をチェック。

本当は北海道に行く前に買いたかったのだけど、その時がだいたい135,000円あたりを上下してる感じだったので、間に合わず…。

そして、シルバーウイークに突入すると同時に。特価として126,880円と言う今までに見たことがない価格になっていたのでポイントも使いつつ、ほぼ狙い通りの値段で購入することができました。

ま、さすがにポイントを使った分で引いた分、そしてさらにポイント還元でついたぶんのポイントを考えても、そこまで下がるのはしばらく先だろうと…。

これからうまく使いこなして、いい写真を撮って行けたらなと思っています。

2015年4月22日 (水)

雑誌『鉄道ファン』の写真コンテストのこと

昨日は鉄道雑誌の発売日、
毎年恒例の雑誌『鉄道ファン』に写真コンテストの告知が出ていました。

私はまだコンテストに出しても賞を取れる腕前ではないので、こういうコンテストの受賞作を見てセンスを磨かなくてはといつも思っていたり。
日ごろお世話になってる方が参加しているグループ展の様子なんかを見ると、腕を磨きつつ切磋琢磨できる仲間を持つことが写真を楽しむコツなのかなと最近は思っていたり。

今回一番驚いたのは、写真コンテストの審査員。
どうやら過去のコンテストでもいろいろなジャンルの審査員としてプロカメラマンを呼んでいるようですが、今回の審査員は航空写真の神様ともいえる、ルーク・H・オザワさん。

鉄道ファンのフォトコンテスト自体、キヤノンマーケティングジャパンとの共催イベントなだけに、キヤノン派のプロを呼んでくるのは当たり前としても、ルークさんというのが驚きでしかなかったり…。

雑誌の告知自体、成田からの離陸機を上空から撮るという驚きの展開で、果たしてどんな作品が集まるのか、今からちょっと気になるところ。

2015年4月14日 (火)

またデジタル一眼レフに不正改造品?

ニコンからまた不正改造品に関するプレスリリースが出た。
前回はD800の外観をD800Eにした不正改造品ではあったけれど、どうやらさらに2機種怪しいものが見つかったそうです。

まず一つは、D4にD4Sの外観カバーを付けたD4Sもどき。
もう一つは、D7100のボティにD610の外観カバーを付けたD610もどき。

D4とD4Sだと確か連写速度が速くなり、バッファのサイズが大きくなったりとマイナーチェンジのはずだけど…。

もう一つの不正改造品のほうがいまいち理解不能…。
なんでD7100をD610に見た目を改造しなければならないのかなぁ…。
そもそもD7100はDXフォーマット(APS機)、D610はFXフォーマット(フルサイズ)という違いがあるわけで、一度ファインダーを覗けば、なんかおかしいとすぐ気付くはずなのだけど…。

これもネットオークションで出回っている怪しいものなのかもしれないけれど…。