2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年3月 7日 (火)

横須賀をブラブラと

今日は仕事が休みだったので横須賀までお出かけしてきました。

今回の目的は、アニメ『ハイスクール・フリート』の日付印が今月いっぱいまでだということを思い出し、それで天気も良かったので行ってきました。

結果として、ルートは横須賀逸見郵便局~横須賀汐入郵便局~横須賀金谷郵便局~久里浜郵便局~横須賀浦賀郵便局~横須賀郵便局の順番に回ってきました。

横須賀郵便局と久里浜郵便局以外は、昔で言うところの特定郵便局で、こういうのって平日しかできないから…。

まず京急を逸見駅で降り、横須賀逸見郵便局へ。

Ys01 Ys02
ポストの上にPOPが置かれていたり、入口の風除室もこんな感じになっていたりと、かなり気合の入った感じ。
局舎の中にも気合の入ったディスプレイがありました。

地図を見ると横須賀汐入郵便局が近いので、歩いて行く。

Ys03
こちらは外から見えるようにPOPが貼ってあります。

汐入駅前のバス停を見ると、ここから衣笠駅へ行くバスがすぐ出そうなので、とりあえず乗る。
で、乗った後に地図と路線図を照らし合わせると、横須賀金谷郵便局の前を通って、衣笠駅へ行く路線ということで、最寄りの金谷バス停までバスで行く。

Ys04
横須賀金谷郵便局はこんな感じでした。

こうなると次に行くのは必然的に久里浜郵便局。

Ys05
こちらは局舎の外観だけ…。

久里浜郵便局の次に行くのは横須賀浦賀郵便局。
久里浜から浦賀だと電車で行くと乗り換えだし、バスの本数が多いのでバスで行く。

どうやらこちらも郵便局は駅の前ではなく、駅から2つ目の『ドッグドック前』のバス停が最寄りのようで、なかなかいい選択をしていたような。

車窓から『叶神社』という看板が見えてきて、確か『たまゆら』に出てきたなぁと思い出す。
今回は探訪は後回しということで、降りずに目の前を通過だけ…。

Ys06
横須賀浦賀郵便局はこんな感じ。

ここのドッグというのが、浦賀船渠のことで、確か横須賀の同人誌イベントがドタキャンになったときに聞いたような名前だなと…。

このあとは京急で横須賀中央へ。
前から行きたいと思っていた『横須賀海軍カレー本舗』さんで昼食。

Ys07
あえてメニューは『艦隊これくしょん』とコラボの金剛カレーに。
もちろん、ポットの中は紅茶。

さり気なくスマホに鎮守府をを出して、旗艦金剛で出してみたり。

そして最後、横須賀郵便局へ。
Ys08

これでコンプリート。
平日じゃないことをのんびりと回ってきました。
バスを使うというチョイスが結構うまく決まって、予想以上に効率よく回れた感じ。

今度はのんびりと記念艦三笠でも行きたいなぁ。

2016年5月 2日 (月)

横須賀にお出かけ

今日は仕事が休みなので横須賀に行ってきた。
一つの目的は、地域限定の『ハイスクール・フリート』のフレーム切手を買いに行くこと。
そして、もう一つは前に行ったときに時間の都合で早足で見てしまった記念艦『三笠』の展示をじっくりと見ることだったりします。

まずは、横須賀中央駅から三笠公園方面へ。
横須賀中央駅のすぐそばにあるアニメイトに行くと、ここにフレーム切手が売られていて、フレーム切手とグッズをまとめて購入。
この後、三笠公園へ行く途中にある横須賀郵便局によるとまた違う台紙のフレーム切手が置かれているのでこちらも購入。
どうやらフレーム切手、切手の柄は1種類だけど、台紙は2種類ある模様。
あと、オマケの飾れるミニ色紙の柄が違うぐらい。

アニメとコラボしたフレーム切手は過去にいくつもあったけれど、今回は横須賀市市制110周年記念でキャラクターをあしらった小型印が用意され、各郵便局で記念押印をしてくださるそうで…。
どうやら郵政局時代の分類でいうところの普通局だけでなく、特定局まで入っているようで、平日でないと回れないというちょっときつい状態もありそうな…。

それでは横須賀市内をぶらぶらと。

Ys01
三笠公園の案内図。

Ys02
東郷平八郎氏の像。

Ys03
三笠秘蔵の艦船模型の『艦隊コレクション展』なんてのが開かれています。
どうしても音だけで判断すると『艦隊これくしょん~艦これ~』の影響を受けてるのかなぁと思えてしまったりします。
売店でこの展覧会の図録が売られていたので買ってきたのだけど、三笠保存会の会長のあいさつの中に『最近、「坂の上の雲」のテレビ放映やオンラインゲーム「艦隊これくしょん」の興隆により40年振りに記念艦「三笠」への来艦者数が増加している。』なんて言う記載があってちょっと驚く。
ある意味硬派な施設にまでこういうゲームのプラスの影響が出ているとはちょっと驚きだけど、確かにいわゆる提督と言われいるであろう人たちの姿は見たなぁと。

Ys04
艦内の案内図。

Ys05
主砲の根元部分。

Ys06
三笠の艦橋。

Ys07 Ys08 Ys09
『艦隊コレクション』の展示品から。
どうしても気合を入れて撮ってしまうのは、『艦隊これくしょん~艦これ~』の中で活躍してるものを選んでしまいます…。
左から、長門・隼鷹・摩耶。

Ys10
音楽隊の展示に関する部分には、楽器の他、行進曲『軍艦』の楽譜もありました。

Ys11 Ys12
外にある行進曲『軍艦』の歌碑。
表側は楽譜、裏側には歌詞が彫られています。
軍艦行進曲ぐらいは一般常識として知っておいてもいいのかなと思えたりしますが…。

三笠公園から市街地に行く途中で見かけたもの。
Ys13 Ys14 Ys15
地元の百貨店『さいか屋』の駐車場にオリジナルのキャラクターがあちこちに。
港町だからセーラー服なのかなぁと。

せっかく横須賀に来たのだからヨコスカネイビーバーガーを食べに行く。

今回行ったのは『TSUNAMI』と言うお店。
Ys16
横のスマートフォンは大きさ比較用で…。

お店の近くで『ハイスクール・フリート』に出てきた風景らしきものを見つけたのでちょっと寄り道。
Ys17
2話でましろが姉や母親と神社へお参りに行くところ。

Ys18
神社の石段。
このあたりで、ましろがブルーマーメイドになると宣言したんじゃなかったかな…。

Ys19
この神社の境内も2話に出てきていました。
いい感じにまとめられているような印象を受けました。
もうちょっと資料を集めて再度探訪かなぁ…。

ちょっと調べてみると、衣笠駅の近くの商店街が面白いことになっているという情報があったので様子を見に行く。
路線バスで途中、不入斗なんて言う地名が出てきて、そういえば『たまゆら』の中にもこんなところの話、出てたなぁと。
Ys20
スーパー『西友』の外側に貼られていたポスター。
風景についての説明が3枚もついてるのはちょっとやりすぎな気配も…。

Ys21
商店街にこんな横断幕まで…。
これからどうなっていくのかなぁ。

最後に衣笠駅の観光ポスターのところはこうなっていました。
Ys22
色々と気合が入っている感じで、今後どうなるかじっくりと様子を見ていかないとという感じがします。
また改めて訪問が必要かなぁと…。

2015年11月 2日 (月)

松来未祐さん 死去…

今日は昼過ぎに衝撃的なニュースが回ってきました。

私がtwitterのタイムラインで気づいたのは東京スポーツのニュースでした。
今年の夏から病気療養中で入院していた声優の松来未祐さんが先週の火曜日に亡くなっていたというもの。

心からお悔やみを申し上げます。
葬儀は親族のみで行われ、落ち着いたところで公表されたという形になったようです。

昨日・一昨日と、出演していたアニメ『たまゆら』のイベントが広島の竹原であり、もしかしたらこのイベントに配慮をしてあえて週明けに発表となったのかなと思ってしまう部分もあったりします。
実際に竹原のイベントに参加した人のタイムラインを見ると、どうやら一部の参加者は発表よりも前に知っていたのではないか?と後になって思われるようなこともあったとか。

松来さんは、まだ38歳、まだまだこれからと言う感じだったのに残念でなりません。
安らかにお眠りください。

2015年10月31日 (土)

アニメキャラクターの等身大乗船券???

アニメ『たまゆら』の公式サイトに予想外のニュースが載っていて驚いた。

なんでも映画の第3弾の公開を記念して、キャラクターの等身大の乗船券というものすごいものを作ってしまったという…。

どうやら11月1日のイベントに、映画第1弾・第2弾の記念品の学生証を持ってきた人先着500人に抽選券を渡して、当たった人にプレゼントだそうです。

この切符で竹原~大長の高速船、竹原~大崎上島~小長のフェリーに乗れるのだとか。
実際に乗る時の使い方も載っていますが、これがまたなかなかすごくて…。
こういう使い方ってありなのかなと思ったりもしますが…。

当日は当たった人のために有料で宅配手配もしてくれるようだけど、3辺で160センチを超えるから、ヤマト運輸でも宅急便ではなくヤマト便の扱いになるはず。
このサイズであれば、佐川急便だと確か飛脚ラージサイズ宅配便で対応だったかなぁ。

ここまで大きい切符とは日本では初めてだろうし、ギネスワールドレコードに申請してもいいんじゃないかなぁと思えたりするけれど。

2013年7月 8日 (月)

竹原市 広報たけはら

テレビアニメの2期が始まった『たまゆら』。
今回は『たまゆら ~もあぐれっしぶ~』というタイトルで、前作の4人組に加えて、新たにペンタックスQを持った新キャラなんて言うのが現れてきている。

関東圏では独立U局で放送されているけれど、広島県内ではNHKで日曜の13:05から放送されているとか…。

内容自体も、別に日曜の朝とかにやっても問題ない作品とは思っているけれど、こんな枠にやっていること自体がちょっと驚きだったり。

そしてここ数回定番になっている、市政だよりの『広報たけはら』
表紙には主人公の4人組と、新キャラクターと、ももねこ様の姿が出ていたりします。
そして、そのあと2ページにわたり特集が組まれているのが非常にすごいところ。

まだまだアニメが盛り上がりそうなだけに、これからがさらに期待できそう。

2013年2月 8日 (金)

たまゆら 2期の告知

アニメ、『たまゆら』の公式サイトが更新されていた。

2期は今年の7月から放送が決まったようです。
告知の画像も見覚えのある場所で、重伝建地区の北側の端に近いところじゃないかなと…。
通ったことはあるけれど、まともに撮ってない場所だったりするのだけど…。

今のところ公開されているのは、2013年7月から放送ということと、後ろ姿しか写っていない女子高生の姿。
彼女はいったい何者なのか気になるところ。
転入生なのか、それともモブキャラからの昇格なのか…。

そしてカメラ好きなら気になってしまう、後ろ姿しか写っていないキャラが持っているカメラのこと。
最初見たときはPENTAX Qシリーズかなと思ったけれど、良く見るとストラップの付け方が違うので、それではなさそう。
本体の厚さからしても、コンパクトデジカメであるのはほぼ間違いなさそうな雰囲気ではあるけれど、果たして持っているカメラが何なのか気になるところ。

本当にカメラが好きなスタッフが集まっているだけに、一眼レフだとファインダーの中までそこそこリアルに描かれていたりするし。
まだまだ追加情報が出てくるだろうから、それを期待しておこうかと…。

今年もまた竹原に行く可能性が出てきちゃいました。

2012年10月23日 (火)

『町並み竹灯り ~たけはら憧憬の路~』 の竹あかりのこと

今週末、広島県竹原市で『町並み竹灯り ~たけはら憧憬の路~』が開催されます。
深夜アニメ『たまゆら ~hitotose~』の中でも描かれていた大変美しい風景が再現されるイベント。

この中で、主催者側からイベントで使う竹灯りに飾るメッセージの募集が行われています。
詳しくはこちらから。

現地に行ける人は現地で書いたり、印刷したものを持ち込むことも可能のようだし、もし参加できない場合でも印刷したものを郵送か、ファイルで送付することも可能になっている。

私の場合、ちょうどその日が仕事になってしまったので、どうしても参加できないので、主催者が用意してくれたwordファイルをダウンロードして、メッセージを書き込み、それをPDFにしたものを主催者あてに送付しておきました。

たぶん、当日竹原市内のどこかに飾られているかと思う。
現地に行けないので、もし竹原市内に行かれる方がいましたら撮影してきていただけると非常に有難いのだけど…。
場合によってはブログで使わせてもらうかもしれないけれど。

2012年7月15日 (日)

九州・中国地方遠征 3日目

九州・中国地方遠征も最終日。
朝、竹原を出てアニメ『かみちゅ!』などの舞台として知られる尾道市内を地元の方の案内で巡った後、広島空港から全日空が誇る最新鋭機、ボーイング787に乗って帰るのが日程。

Q0301
まず、駅に向かう途中で朝日を浴びる『ももねこ様』へ。

Q0302
ももねこ様の賽銭箱の台座にサインが…。

Q0303
こちらにもサインが…。

Q0304
朝日を浴びるももねこ様を右前から。

呉線と山陽本線を乗り継いで尾道へ。
Q0305
何年振りかにガウディハウスの下へやってきました。

Q0306
『かみちゅ!』にも『たまゆら~hitotose~』にも出てきたガウディハウス。
持ち主の方のNPOもかなり目覚ましい活躍をされているようで、今後もまた気になるところ。
個人的に応援しています。

Q0307
『かみちゅ!』で主人公のゆりえ様が空中浮遊をしている現場。
舞台探訪として訪れるのは冬のほうが良かったかなぁ…。

Q0308
『かみちゅ!』で学校で倒れてしまったゆりえ様がタクシーで帰るシーンで出てきた場所。
クルマはここまでしか上がってこれません。

Q0309
尾道の学校シーンの定番、土堂小学校を高いところから。

Q0310
土堂小学校の高架下の跨線橋から下り貨物列車を狙う。

Q0311
『かみちゅ!』1話で学校帰りに神社へ寄る際に通る道。

Q0312
『かみちゅ!』の通称『犬ワンワン』。

Q0313
『かみちゅ!』の来福神社の本殿のモデルになった艮神社。

Q0314
『かみちゅ!』のオープニングの石段。
ちょうどお祭りだったので、いろいろと飾りがされています。

Q0315
自分が2006年1月に奉納した絵馬。
まだ残っていたことに驚き…。
絵馬って一定期間たったらお焚き上げしているモノと思ったら…。
何度か他のブログでもネタにされているらしい(笑)。
自分が把握しているのは2回だけど、どちらも書いている方はリアルに会ったことがあったり…。

Q0316
『かみちゅ!』やドラマ『てっぱん』にも出てきた突堤。
かなり潮が引いてる時間だったので、見た目が前とずいぶん違うような…。

Q0317
『かみちゅ!』にも出てくる福本渡船場。

Q0318
『海フェスタおのみち』の一環で尾道駅前にやってきたラバーダック。
詳細はまた別の日に…。

この後、列車とバスを乗り継いで広島空港へ。
これから乗る飛行機を展望デッキで撮影。

Q0319
そこでやってきたのはボーイング787の中でも一番新しいJA812A。
今月にシアトルから届いたばかりのもの。
Flightradar24の情報だと、どうやら営業に入って13本目の運航だった模様…。

7月11日のブログで、『どうやら席替え大会の犯人はこいつかもしれないと(笑)。』と書いたのだけど、本当にこいつが席替え大会の犯人だったとは笑うしかなかったり…。
エンジンのコーンが濃い紫色でまだ煤けていないのが新品の証でしょうか。

ボーイング787の国内線機材の様子もまた別の機会に…。

今回もなかなか濃い旅行でした。
今度はどこに行こうかと検討中…。 LCCにも乗りたいし。

2012年7月14日 (土)

九州・中国地方遠征 2日目

九州・中国地方遠征も2日目。
今日は広島から竹原に行き、私が所属する『舞台探訪コミュニティ』の舞台探訪者サミットへ参加するのが日程。
普段は文字でしかやり取りしていない人達とリアルに会って、情報交換するのが目的。

当初の計画では、列車で広島から竹原まで行くつもりでいたのだけど、大雨の影響で可部線と新幹線しか動いていないという事態になり、竹原駅まで高速バスで移動。
とりあえずバスに乗ったことをツイートしたら、2列前にフォロワーさんがいて、もうすでに底からオフ会気分。

バスは順調に進み竹原駅へ。
Q0201
ちょっと濡れているときのほうが『おかえりなさい』の文字も映えるような気がします、

商店街を歩きながら、イベント会場となっている旧笠井邸へ。
アニメに出てきた施設で、アニメ関連のイベントと言うのもなかなか珍しいかもしれない。

その途中で撮った写真。
Q0202
洋服屋さんに『ももねこ様』。

Q0203
本屋さんにも『ももねこ様』。

Q0204
商店街のモニュメントの『ももねこ様』。

Q0205
ももねこ様の横の七夕飾りの短冊も『ももねこ様』。

商店街で流れているBGMも『たまゆら』のサウンドトラックのもの。
いろいろとノリノリなのは今も続いているようだ…。

とりあえず会場に行って、荷物を置いた後に舞台となった町をフラフラと…。
Q0206
オープニングに出てくる階段。

Q0207
キービジュアルに出てくる風景。

Q0208
ももねこ様の住まいのお社。
映画『時をかける少女』で瓦が落ちてくるのもここ。

舞台探訪者サミットの会場に戻り、サミットに参加。
本当に濃い人達の集まりでいい刺激になりました。
アニメの舞台を応援するということが高じて、現地移住と言う素晴らしい決断をされた方が自分の体験談を話していたのが凄く興味深く、驚かされたり…。

今回の会合は泊りがけなので、ホテルに移動。
そして懇親会の会場へ行くと…。

Q0209
こんなことになっていて、開会前に撮影大会が開かれたのは言うまでもなく…。
さらにこれがホテルの備品と言うから二度びっくり。

懇親会の後も、オフ会のような流れが続くのはお約束で…。

今日あたりのtwitterのタイムラインの進みが遅かったのは、フォロワーとリアルに話をしていたから(笑)。

翌日へ続く。

2012年4月 4日 (水)

平成24年4月版 たけはら公共交通時刻表

竹原市役所のホームページを見ていたら、公共交通の利用促進のために公共交通時刻表を作成したという記事が載っていた。

市内の公共交通を網羅したもので、鉄道やバスだけでなく、広島空港と竹原市内を結ぶ乗合タクシーの時刻なども載っているそうです。
そのほかにも公共交通が利用しやすい資料が掲載されていて、持ち運びがしやすい大きさにまとめられているとか。

そして、表紙は『たまゆら』のキャラクター。
2期の製作も決まり、まだまだ勢いがある感じの作品で、竹原市も相変わらずノリノリな感じで驚きが隠し切れません。

表紙の絵の場所は、恐らくオープニングに出てくる西方寺の石段のところではないかと…。

また機会があれば竹原に行きたいと思っていたり…。